Newsweek

武邑光裕

欧州新首都:ベルリンから世界を読む

ベルリンで考えるパンデミック後のオフィスと仕事の未来

2020年06月23日(火)16時00分
    ベルリンで考えるパンデミック後のオフィスと仕事の未来

    企業オフィスよりコワーキングスペースが重要な役割に...... golero-iStock

    <欧州では大多数の人々が、自宅でも効率的に仕事ができると認識しており、将来的にはオフィスを離れ、自宅で仕事が十分にできると考えている......>

    プロフィール

    プロフィール

    武邑光裕

    メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Life(NYC)フェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか近著に『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)がある。現在ベルリン在住。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:Black Lives Matter

    本誌 最新号

    特集:Black Lives Matter

    今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

    2020年7月 7日号  6/30発売

    人気ランキング

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

      • 3

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

      • 4

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 5

        英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

      • 6

        スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

      • 7

        東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

      • 8

        韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

      • 9

        北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

      • 10

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

      • 3

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

      • 4

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      • 5

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 6

        自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

      • 7

        街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

      • 8

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 9

        宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

      • 10

        「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場