Newsweek

外国人リレーコラム

Tokyo Eye

「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

2020年02月22日(土)15時40分
李 娜兀(リ・ナオル)

    このように明文化されているわけではないルール、マナーを守ることは、その文化や習慣の外側で暮らした人にとっては、なかなか難しい。そしてマナー違反をする側にも、それぞれ何らかの背景があることも少なくない。

    最近、こんなことを改めて考えたのは、テレビで日本の小中学校の不思議な校則のニュースを見たからだ。学校から帰宅後、午後4時まで外に出てはいけない「4時禁ルール」や、昼食の時間に一定の時間、会話してはいけない「もぐもぐタイム」という決まりには驚いた。「もぐもぐタイム」について娘に聞くと、かつて経験があると言う。食べ残しをなくすという目的は分かるが、やはりちょっと不自然だ。

    ほかにも日本の小学校によくある決まりの中に、理解できないものは結構ある。筆箱は四角く硬いものでなければならず、鉛筆は後ろに消しゴムが付いているものは駄目......などだ。

    それぞれのルールには存在する理由や背景があるのも確かだが、理解できないルールに従うのは苦しい。そこで言いたいのは、特に文化的背景の違う人に対しては、理由や背景を説明してほしいということ。そして理屈が立たないルールは見直してほしい。

    それともう1つ。実は電車で怒られたエピソードには続きがある。夫を注意した男性があまりに大声で怒るので、私が「普通に言えば分かるのに、なぜ怒鳴るんですか」と聞いた。するとこの男性は一瞬、戸惑ったような顔をして「それもそうだ」と言った。「説明は怒らずに」というのもポイントだ。

    magTokyoEye_Lee.jpg李 娜兀
    NAOHL LEE
    国際交流コーディネーター・通訳。ソウル生まれ。幼少期をアメリカで過ごす。韓国外国語大学卒、慶應義塾大学大学院法学研究科博士課程単位取得(政治学専攻)。大学で国際交流に携わる。2人の子供の母。

    <本誌2020年2月25日号掲載>

    20200225issue_cover150.jpg
    ※画像をクリックすると
    アマゾンに飛びます

    2020年2月25日号(2月18日発売)は「上級国民論」特集。ズルする奴らが罪を免れている――。ネットを越え渦巻く人々の怒り。「上級国民」の正体とは? 「特権階級」は本当にいるのか?

    プロフィール

    プロフィール

    外国人リレーコラム

    ・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
    ・西村カリン(ジャーナリスト)
    ・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
    ・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑

    • 4

      安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

    • 5

      「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

    • 6

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 7

      日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

    • 8

      「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

    • 9

      ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

    • 10

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 3

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 4

      「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

    • 5

      韓国の世代間格差と若者の怒り

    • 6

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 7

      EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

    • 8

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 9

      伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

    • 10

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 6

      手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

    • 7

      中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

    • 8

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 9

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 10

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と