Newsweek

外国人リレーコラム

Tokyo Eye

ここがスゴイよ日本のバラエティー番組──テレビの演出と民主主義

2020年03月19日(木)11時20分
周 来友(しゅう・らいゆう)
    ここがスゴイよ日本のバラエティー番組──テレビの演出と民主主義

    SMOLAW11/ISTOCKPHOTO

    <討論バラエティー番組などに出るとき、私は日本サゲという立ち位置を取ることが多い。真面目で説教くさい中国のテレビ番組と違い、日本では演出の効果が重視されているからだ>

    先日、空席が目立つ新幹線に乗り、大阪に行ってきた。『そこまで言って委員会NP』(読売テレビ)に出演するためだ。

    幅広いテーマで討論を行う関西の人気バラエティー番組で、その日は私のほかに、中国問題の専門家である石平さんや張景子さんらが出演。習近平(シー・チンピン)国家主席の国賓来日と新型コロナウイルス問題をめぐって舌戦を繰り広げた。

    同じく中国出身だが、テレビでは石平さんが日本アゲ、私は日本サゲという立ち位置を取ることが多い。日本のヨイショは石平さんに任せ、私は大好きな日本のためにあえて辛辣なコメントをする。

    もちろん、嘘をつくわけではない。あくまで演出の範囲内で誇張した発言をするだけだ。そう言われても、納得がいかない視聴者もいるだろう。特に中国人は「中国がばかにされている!」と本気で怒る人が多い。演出だと知らないからだ。

    大阪の番組に限らず、日本のワイドショーやバラエティー番組はどれも、演出の効果を重視している。

    中国のテレビ番組は真面目で説教くさく、教訓を与えようとするものが多い。それに対し、日本の番組ではとにかく面白くしよう、視聴者を笑わせようという意識が強く働く。「対抗軸」を作って出演者の立ち位置を分かりやすく見せたり、タレントが「おばかな」コメントをしたりするのも、そうした演出の1つだ。

    長く話すより短いコメントをポンポン繰り出す。わざと大げさにしゃべる。個人的な意見より、自分の立ち位置に沿ってコメントする――長いテレビ業界での経験から、私もそういった「お作法」は心得ている。

    通訳やコーディネーターとしてテレビ局に出入りしていた私は、90年代後半、特番の『ここがヘンだよ日本人』(TBS系列)出演を打診され、以来、レギュラーで呼ばれるようになった。

    「トラブル孫悟空」なんてあだ名まで頂戴し、その後も、『なかよしテレビ』(フジテレビ)など多くのバラエティー系の討論番組やワイドショーに出演させていただいている。

    ただ、最初は不思議に思っていた。わざわざ外国人を呼んで日本の悪口を言わせるなんて、日本人ってMなのかな(笑)と。だがこれが日本流のエンターテインメントなのだと分かってからは、迷いはなくなった。

    テレビで日本を批判して、日本のネットユーザーに「日本から出て行け!」と書かれても、逆に中国人から「今度会ったらレンガで頭をブチ割るぞ!」と書かれても、いちいち気にしてなどいられない。

    プロフィール

    プロフィール

    外国人リレーコラム

    ・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
    ・西村カリン(ジャーナリスト)
    ・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
    ・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
    ・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

    本誌紹介

    特集:日本人が知らないワクチン戦争

    本誌 最新号

    特集:日本人が知らないワクチン戦争

    全世界が先を争う新型コロナのワクチン確保 ── その最前線と日本の開発が遅れた本当の理由

    2020年10月27日号  10/20発売

    人気ランキング

    • 1

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

    • 2

      インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を拒否

    • 3

      菅首相、訪問先のインドネシアで500億円の円借款供与 ジョコ大統領と安保、医療でも協力を決めたが──

    • 4

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

    • 5

      見つかれば射殺......コロナ禍を生き抜く北朝鮮のコ…

    • 6

      落選後のトランプは、恩赦? 逮捕? それとも亡命?

    • 7

      「O型の人は新型コロナにかかりづらく、重症化しづら…

    • 8

      新疆ウイグル自治区で行われる大量不妊手術と強制避…

    • 9

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 10

      共和党が自作の投票箱を「公式」と偽って設置する無…

    • 1

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

    • 2

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 3

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア州で相次いで目撃される

    • 4

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

    • 5

      アフリカ支援を渋りはじめた中国──蜜月の終わりか

    • 6

      在韓米軍、駐留費引き上げで合意なければ韓国人職員9…

    • 7

      トランプ「土壇場の大逆転」2度目は空振り? 前回と…

    • 8

      トランプが台湾に売った対中兵器の中身

    • 9

      韓国は中国を気づかって、米日豪印4ヶ国連携「クアッ…

    • 10

      グアムを「州に格上げ」して中国に対抗せよ

    • 1

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 2

      日本学術会議は最後に大きな仕事をした

    • 3

      韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

    • 4

      金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

    • 5

      スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

    • 6

      習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

    • 7

      その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

    • 8

      注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

    • 9

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 10

      中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コロナ失策がブラジルの最貧層を襲う