Newsweek

外国人リレーコラム

Tokyo Eye

コロナ危機でも日本人が求める「安心、安全、安定」

2020年04月02日(木)17時10分
西村カリン(ジャーナリスト)
    コロナ危機でも日本人が求める「安心、安全、安定」

    EDGARD GARRIDO-REUTERS

    <3月16日、マクロン仏大統領は20分間の演説で6回も「戦争中」と言った。フランスの政治家は強い言葉を使い、日本の政治家がそうしない理由とは>

    2月から、ほぼ全世界で新型コロナウイルス感染症が流行している。同時にこの新しい病気についての情報が幅広く報道されている。ただ、いくつかの言語が読める人は混乱するだろう。危険性の認識に関して、温度差があるからだ。

    東京で暮らしている私は、周りの状況だけ見れば、それほど心配にならない。今までほぼ普通に過ごしていて、特に変わったことはない。最も困ったのは、学校の一斉休校だ。音楽教室もしばらくお休み。長男は勉強より遊ぶ時間が長くなり、子供の精神に影響はないのかと心配になった。それに保育園と学童保育は普通に子供を預かっていた。こんな中途半端な措置は意味があったのか。正直言って疑問だ。

    日本での感染者の数を調べたら、比較的少ない。増えてはいるが、爆発的に増えてはいない。退院した人も多く、死亡率も低い。医療機関がパンク状態にはなっていない。安倍晋三首相の3月14日の記者会見の冒頭発言は、国民を安心させる内容が多かった。海外のニュースや他国の首脳の演説を見ない限り、新型コロナウイルスは大した問題ではないと人々は結論してしまう。

    日本の感染者が例外的に少ないのは、仮説にすぎないが、ある程度、政府が取った措置が効いているからだ。日本人はフランス人やイタリア人などと比べて他人の体をあまり触らない、キスや握手をしない、以前から手洗いやマスク着用の習慣がある、交通機関ではあまりしゃべらないし携帯電話での通話もしない、といったことも理由だろう。ただ、感染の有無を調べるPCR検査を幅広く実施していないので、無症状の隠れ感染者がいる可能性は否定できない。

    自分の国であるフランスやイタリアの状況について、ニュースを見ると怖くなる。フランスは3月17日から数週間、全国で外出禁止。いつまでこの厳しい措置が続くかは分からないが、人の姿がないパリや他の街の映像を見ると泣きそうな気分だ。3月16日にテレビで放送されたエマニュエル・マクロン大統領の演説を聞くとさらに恐怖。20分間の演説で大統領は6回も「戦争中」と言った。

    なぜフランスの政治家は今回、「戦争」や戦争の時によく使われる言葉を使うのか?そうしないと誰も政府の言うことを聞かないからだ。フランス人は個人主義者で、自分で判断して行動しがち。最初の頃、マクロンはもっと普通の言葉を使っていたが、結果的に誰も政府の勧告に従わなかった。本人もショックを受けて、いかに深刻な状況であるかを示すために、もっと強い言葉を使わないといけないという結論に達した。

    プロフィール

    プロフィール

    外国人リレーコラム

    ・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
    ・西村カリン(ジャーナリスト)
    ・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
    ・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 4

      ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

    • 5

      習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

    • 6

      新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

    • 7

      ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

    • 8

      やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

    • 9

      ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

    • 10

      英会話では英語が身につかない2つの理由

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 3

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 4

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 5

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 6

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 7

      英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

    • 8

      東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

    • 9

      スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

    • 10

      ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

    • 1

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 2

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 3

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 4

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

    • 5

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 6

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 7

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 8

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    • 9

      自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

    • 10

      宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場