Newsweek

外国人リレーコラム

Tokyo Eye

公立のバイリンガル小学校がベルリンには18もある、日本にも欲しい!

2020年07月03日(金)16時15分
トニー・ラズロ
    公立のバイリンガル小学校がベルリンには18もある、日本にも欲しい!

    INA PLAVANS/ISTOCK

    <公立なので低コスト。教育内容は普通の公立校と同じだが、代わり番こでフルに2言語を使う。日本とドイツは違うという意見もあるだろうが、日本にもこんな学校があれば面白い人材が育つのではないだろうか>

    新型コロナウイルスのせいで、7月に予定されていた国際言語学オリンピック(IOL)が中止になった(ウイルスの影響を受けているのは、何も東京オリンピックだけじゃないんだぞ!)。これは国際数学オリンピックの姉妹大会で、若者が頭脳を使って競う。例えば、以下のような問題が出てくるかもしれない。

    とある言語で横浜をՅոկոհամա と書く。さて、次のうち熊本はどれでしょうか。

    ① Սապորո
    ② Կումամոտո
    ③ կագոշիմա

    何が何だか分からないだろうけれど、そう難しい問題ではない。ヒントは、ՅոկոհամաもYokohama もどちらも8文字であること。կ やա を特定できたら先へ進めるかも(正解は本文の最後に)。

    僕がIOLに注目していることには、ドイツでの経験が関係している。仕事で約6年間ベルリンに住んだ(『ダーリンは外国人 ベルリンにお引越し』という本も出している)。当然その間、連れて行った息子を小学校に通わせなくてはならない。選択肢として、日本人学校も英語のインターナショナルスクール(いわゆるインター)も普通の現地校もあったが、選んだのは、公立の「バイリンガル校」だった。

    ベルリンにはこういうたぐいの小学校が、ドイツ語・英語というコンビネーション以外にも、独仏、独伊、独ロなど、18校もある。2つの教育言語を一定のレベルまで操れる子供が対象だけれど、生徒は合わせて数千人。魅力は公立で低コストであることと、その教育内容だ。普通の公立校と同じ内容だが、代わり番こでフルに2言語を使う。この制度のおかげで、わが子は家で日本語を、学校で英語とドイツ語を使い、これら3言語をそれぞれ伸ばせたし、より一層言語に興味を持つようになった。

    さて、日本でこの公立バイリンガル校制度に似たようなことができるだろうか。まず現状を見てみよう。

    日本のインターでは東京・調布のアメリカンスクール・イン・ジャパンが最も有名だけれど、年間の学費は280万円弱から。教育言語は英語1つだ。日本の公立小学校は以前より英語を使うようになったとはいえ、教育言語は基本的には日本語1つ。そして、コストの面でこれらの中間にある私立では、日英を中心にバイリンガル教育が試みられ始めた。称賛に値する進歩を遂げているが、ベルリンとの差は大きい。なんせこの街には、独西(スペイン語)で3校、独仏で4校もあるのだから。それも全部公立校だ。

    【関連記事】オンライン化のスピード感に欠ける、東京の「生ぬるい」公教育
    【関連記事】休校のいま提案したい、新学期は9月始まりにしてみては?

    プロフィール

    プロフィール

    外国人リレーコラム

    ・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
    ・西村カリン(ジャーナリスト)
    ・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
    ・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
    ・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

    本誌紹介

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    本誌 最新号

    特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

    新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

    2020年9月29日号  9/23発売

    人気ランキング

    • 1

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

    • 2

      トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

    • 3

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 4

      中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

    • 5

      いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

    • 6

      「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

    • 7

      国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

    • 8

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 9

      世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

    • 10

      ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

    • 1

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 2

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

    • 3

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

    • 4

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 5

      中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

    • 6

      核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

    • 7

      美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

    • 8

      どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

    • 9

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

    • 10

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

    • 6

      中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

    • 7

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 8

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 9

      尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と