Newsweek

外国人リレーコラム

Tokyo Eye

「女性蔑視発言」に揺れる日本、真の(非中国的)男女平等を目指せ

2021年02月20日(土)12時05分
周 来友(しゅう・らいゆう)
    「女性蔑視発言」に揺れる日本、真の(非中国的)男女平等を目指せ

    Kim Kyung-Hoon-Pool-REUTERS

    <中国は女性の社会進出では日本よりずっと進んでおり、30数年前、その中国から来た私の目に日本は「完全な男社会」に映った。森さんが五輪組織委会長を辞めることになり、今こそ日本が変わるチャンスだが、中国みたいなやり方はやめたほうがいい>

    東京五輪・パラリンピック大会組織委員会会長の森喜朗氏が、女性蔑視とも取れる発言により辞任に追い込まれた。抗議デモが行われ、国外からも批判が殺到するなど散々だった。

    森さんと言えば、過去にも度々「失言」で批判を浴びたり、10年前には病気で息子を亡くしたりと、「酸甜苦辣」の人(酸いも甘いもかみ分け、世情に通じた人)という印象がある。年寄りらしい愛嬌もあり、私はむしろ同情の気持ちが強かった。

    ただ、今回の発言は当然許されるものではない。もう表舞台からは退場すべき人なのだろう。

    この騒動で感じたのは、日本社会も変わってきたということだ。私が来日した30数年前と比べると、大きく進歩したと思う。当時、私の目に日本は「完全な男社会」に映った。

    会社でお茶を入れたり、飲み会でお酌をするのは女性の役割。それって差別じゃないの? と疑問に思った。

    ホームステイ先の家で「一番風呂はお父さんが入るもの」と聞かされたときも、まったく理解できなかった(一説には、一番風呂は熱湯だから先に入るのは女性に対する優しさ、ということらしいが......)。

    男らしさとか、女らしさといった言葉が飛び交っていた。

    中国人にそんなこと言われたくない──そう思う人がいるかもしれない。中国こそ男尊女卑の社会じゃないか、と。

    それは誤解だ。中国は女性の社会進出では日本よりずっと進んでおり、女性がCEOを務める上場企業は約5%(日本は約1%)。日本の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)で、女性議員は全体の約25%(日本の衆議院では約10%)。

    夫婦共働きが大半で、昇進や転職のチャンスもほぼ男女平等だ。女性が上司にビールをつぐ必要もない(そもそも「飲みニケーション」が中国にはほとんどない)。

    そんな中国社会の基盤をつくったのは、実は毛沢東だ。独裁者のイメージが強いが「天の半分は女性が支える」と女性の地位向上を推進した。半世紀以上前の話である。

    そして「みんな等しく貧しい」社会主義体制の下、女性は着実に社会に進出していった。その結果が今の中国だ。おおむね性差のない実力社会となっている。

    プロフィール

    プロフィール

    外国人リレーコラム

    ・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
    ・西村カリン(ジャーナリスト)
    ・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
    ・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
    ・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

    本誌紹介

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    本誌 最新号

    特集:日本を置き去りにする デジタル先進国

    コロナを抑え込んだ中国デジタル監視の実態。台湾・韓国にも遅れた日本が今すべきこと

    2021年4月20日号  4/13発売

    人気ランキング

    • 1

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 2

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの小型ナイフも持ち歩けない日本に思うこと

    • 3

      エヴァと私の26年

    • 4

      仮想通貨で7億円稼いだ「億り人」の意外な素顔と「成…

    • 5

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

    • 6

      東芝 車谷社長の何が悪いのか?

    • 7

      ふるさと納税は2年で750%増、熊本の人口4000人の町…

    • 8

      新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

    • 9

      半数がワクチン接種済みのミシガン州も、変異ウイル…

    • 10

      ドイツで、世界初のスマホでできる新型コロナ感染テ…

    • 1

      青色の天然着色料が発見される

    • 2

      緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

    • 3

      ビットコインが定着するか崩壊するか、運命が決まる時は間もなく来る

    • 4

      ミャンマー市民が頼るのは、迫害してきたはずの少数…

    • 5

      世界の銃の半分を所有するアメリカ人、お気に入りの…

    • 6

      ビットコインが、既に失敗した「賢くない」投資であ…

    • 7

      日本だけじゃない...「デジタル後進国」のお粗末過ぎ…

    • 8

      「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 …

    • 9

      「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパ…

    • 10

      女子中学生がバスの扉に足を挟まれ、30秒間も道路を…

    • 1

      太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

    • 2

      観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

    • 3

      国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

    • 4

      「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

    • 5

      EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

    • 6

      30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

    • 7

      孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

    • 8

      ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

    • 9

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 10

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】アフリカの小国ジブチに注がれる熱視線