Newsweek

渡辺由佳里

変わり続ける今の世界で、柔軟に信念を変えていく生き方のススメ

渡辺由佳里

トランプを支持し続ける共和党が象徴する「民主主義の黄昏」

渡辺由佳里

徹底的に嫌な奴だが才能があることは否めない、俳優イーサン・ホークの自伝的小説

渡辺由佳里

有名大学教授でありながら警察官になったリベラル女性が描く「警察の素顔」

渡辺由佳里

バイデン大統領就任式で融和を訴えた22歳の女性詩人アマンダ・ゴーマン

渡辺由佳里

オバマ回顧録は、類まれな人物の成長と冒険のサーガ

渡辺由佳里

ナイキCMがマーケティング戦略的に正しい理由

渡辺由佳里

トランプが敗北してもアメリカに残る「トランピズム」の正体

渡辺由佳里

「トランプは大統領にふさわしくない」著名ジャーナリストのウッドワードが新著『怒り』で初めて書いたこと

渡辺由佳里

トランプ支持の強力なパワーの源は、白人を頂点とする米社会の「カースト制度」

渡辺由佳里

トランプ当選を予測した大学教授が選んだ2020大統領選の勝者は?

渡辺由佳里

「文化の盗用」は何が問題で、誰なら許されるのか? あるベストセラーが巻き起こした論争

渡辺由佳里

大学入学試験SATの「替え玉受験」も暴露 臨床心理学者のトランプ姪が暴く一家の秘密

渡辺由佳里

予期せぬ事態で簡単に貧困に陥る「格差社会」での幽霊のような存在

渡辺由佳里

美容整形大国の韓国を舞台に描く、「外見の美しさ」にとらわれる女性たちが抱く羨望と絶望感

渡辺由佳里

今年のネビュラ賞受賞作は、現在のパンデミックと隔離生活を予言したかのような近未来SF

渡辺由佳里

警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会の絶望

渡辺由佳里

人類の歴史を変えたパンデミックを描いたノンフィクション

渡辺由佳里

社会に存在する問題に「真の名」をつけることの力

渡辺由佳里

「最悪のシナリオ」回避に動いた民主党支持者の危機感

プロフィール

プロフィール

渡辺由佳里

Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。2001年に小説『ノーティアーズ』(新潮社)で小説新潮長篇新人賞受賞。近著に『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(亜紀書房)、『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社)などがある。翻訳には、レベッカ・ソルニット『それを、真の名で呼ぶならば』(岩波書店)、『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社、日経ビジネス人文庫)、マリア・V スナイダー『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)がある。