Newsweek

渡辺由佳里

ベストセラーからアメリカを読む

オバマを支えたミシェルにアメリカ女性が惹かれる理由

2019年01月11日(金)16時15分
    オバマを支えたミシェルにアメリカ女性が惹かれる理由

    ミシェルの支持率は歴代の大統領夫人の中でも第3位と高い Kamil Krzaczynski-REUTERS

    <独立した強い女性でありながら、カリスマ政治家の夫を支えるために脇役にまわったミシェル・オバマ。大ベストセラーとなった回想録『Becoming』が明かす現代女性の愛と葛藤>

    プロフィール

    プロフィール

    渡辺由佳里

    Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
    アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。近著に『ジャンル別 洋書ベスト500』(コスモピア)、『どうせなら、楽しく生きよう』(飛鳥新社)。新著に『トランプがはじめた21世紀の南北戦争:アメリカ大統領選2016』(晶文社、2017年1月11日発売)。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:5Gの世界

    本誌 最新号

    特集:5Gの世界

    超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

    2019年3月26日号  3/19発売

    人気ランキング

    • 1

      「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自主返納広がる

    • 2

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 3

      またもプラゴミがクジラの命奪う 胃に40Kgのゴミ飲み込み餓死

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

    • 6

      四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

    • 7

      亡命生活60年となったダライ・ラマ 気がかりな継承者…

    • 8

      中国が南シナ海で新たに「人工島の街」建設を計画

    • 9

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

    • 10

      韓国と日本、政治と観光は別──両国を行き来する人々…

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

    • 3

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 4

      韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本…

    • 5

      500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

    • 6

      性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

    • 7

      許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

    • 8

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 9

      北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

    • 10

      日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

    • 1

      日本の重要性を見失った韓国

    • 2

      フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

    • 3

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 4

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 5

      自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

    • 6

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 7

      【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

    • 8

      【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

    • 9

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 10

      日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい