Newsweek

渡辺由佳里

ベストセラーからアメリカを読む

日系人収容所の体験からトランプの移民政策に警鐘を鳴らすジョージ・タケイ

2019年07月23日(火)20時00分
    日系人収容所の体験からトランプの移民政策に警鐘を鳴らすジョージ・タケイ

    現在では社会活動家としても知られるジョージ・タケイ Monica Almeida-REUTERS

    <『スタートレック』で「加藤」を演じたジョージ・タケイが、グラフィックノベルで強制収容の屈辱を伝える>

    日本のテレビで1960年代に『宇宙大作戦』として放映された『スタートレック』が画期的だったのは、ハリウッドが白人の俳優しか使わなかったあの頃に、黒人女性を含む多様な登場人物を起用したことだ。当時小学生だった私はこの番組のファンだったのだが、ジョージ・タケイ扮するヒカル・スールー(日本語吹き替えでは加藤)には理屈抜きの誇りを感じたものだった。日本に住む私だけでなく、アメリカでも日系人であるジョージ・タケイが俳優として有名になったことは多くのアジア系アメリカ人に少なからぬ影響を与えた。

    ジョージ・タケイは、独自のユーモアあふれるソーシャルメディアで若い世代にもフォロワーを増やし、今では社会活動家としても知られるようになっている。

    タケイに興味がある人は、彼が第二次大戦中に日系人収容所に収容された体験を持つことを知っているし、彼の体験を元にしたミュージカル『Allegiance』で主役を演じるタケイを見ているかもしれない。彼らは、日系人収容所がどれほど非人道的なものだったのかをすでに想像しているし、その歴史を繰り返してはならないとも思っていることだろう。

    だが、大半のアメリカ人はそういったことを知らないし、興味も抱かない。

    だから、アメリカで今同じような過ちが目の前で起こっているというのに、何も感じないのだ。

    現在アメリカで起こっている問題のひとつが、近隣の中南米から押し寄せて来ているきてる「亡命希望者(asylum seeker)」たちだ。国境で幼い子どもたちが親から引き離され、檻のような収容所に入れられている。そのコンディションは最悪で、アメリカに着いてから死亡した子供たちもいる。

    多くのメディアが報じているが、保守系のFOXニュースのある司会者が「我々の子供じゃない」と本音を漏らしているし、それに眉もひそめないアメリカ人が実はかなりいる。

    この「我々の子供じゃない(から、何が起こっても知ったことではない)」という態度は、「我々と同じではない者を自分と同じ人間とみなすことはできない」という冷酷な無関心に変換しやすい。その冷酷な無関心がある程度蔓延すると、第二次大戦中のナチスドイツによるユダヤ人の大虐殺のようなことが実際に起こる。ナチスドイツだけではなく、日本でも捕虜に残酷な人体実験を行った731部隊などの例がある(私の恩師のひとりが731部隊の一員で、本人が『私は戦犯として処刑されても不思議はなかった』と私に語ってくれた。彼の苦悩を知っているので、この史実が嘘だという反論を私は受け付けない)。

    こういったことに最も敏感なのが子供たちだ。

    私は7月19日現在までに民主党大統領候補16人のイベントに言って直接会い、話しを聴いた(20日に17人目に会う予定)。アメリカでは、それらに参加して候補に質問する子供も少なくない。これらの政治イベントでの子どもたちの質問の多くが、国境で親から引き離されて檻のような収容所に入れられている「亡命希望者」と「不法移民」の子供たちについてだった。

    プロフィール

    プロフィール

    渡辺由佳里

    Yukari Watanabe <Twitter Address https://twitter.com/YukariWatanabe
    アメリカ・ボストン在住のエッセイスト、翻訳家。兵庫県生まれ。外資系企業勤務などを経て95年にアメリカに移住。2001年に小説『ノーティアーズ』(新潮社)で小説新潮長篇新人賞受賞。近著に『ベストセラーで読み解く現代アメリカ』(亜紀書房)、『トランプがはじめた21世紀の南北戦争』(晶文社)などがある。翻訳には、レベッカ・ソルニット『それを、真の名で呼ぶならば』(岩波書店)、『グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ』(日経BP社、日経ビジネス人文庫)、マリア・V スナイダー『毒見師イレーナ』(ハーパーコリンズ)がある。

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

    • 2

      イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプをドローンが狙う画像掲載

    • 3

      英変異株で致死率は65%も跳ね上がった 新局面を迎えた対コロナ戦争【コロナ緊急連載】

    • 4

      ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

    • 5

      文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

    • 6

      EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

    • 7

      バイデン、分断の厳しさにさっそく直面 テキサス州「…

    • 8

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてし…

    • 9

      新型コロナウイルス、重症化する人としない人は「口の…

    • 10

      自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

    • 1

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 2

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

    • 3

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

    • 4

      全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

    • 5

      バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

    • 6

      米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

    • 7

      議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

    • 8

      去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

    • 9

      共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

    • 10

      イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

    • 1

      「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

    • 2

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 3

      バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

    • 4

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 5

      あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

    • 6

      世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

    • 7

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

    • 8

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

    • 9

      北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

    • 10

      全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】埋もれゆくシベリア「骨の道」の記憶