渡瀬 裕哉

リバタリアン・マインド

トランプvsバイデン、どちらが世界に戦争をもたらす可能性があるのか

2020年06月12日(金)16時30分

    バイデン元副大統領が政権を担うことになるとどうなるだろうか REUTERS/Bastiaan Slabbers

    <トランプ政権は良かれ悪しかれ戦争や紛争を巻き起こすほど十分な軍事力や外交力を持つことはできなかった。しかし ......>

    2016年トランプ大統領が当選直後には「第三次世界大戦が起きる」という全く根も葉もない与太話がメディアを賑わせていたことを思い出す。それらの中にはトランプ大統領は狂人であり、精神疾患を患っているという話まで飛び出るトンデモ説も存在していた。

    プロフィール

    プロフィール

    渡瀬 裕哉

    国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
    1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)、『2020年大統領選挙後の世界と日本 ”トランプorバイデン”アメリカの選択』(すばる舎)

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界があきれる東京五輪

    本誌 最新号

    特集:世界があきれる東京五輪

    国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
    「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

    2021年6月15日号  6/ 8発売

    人気ランキング

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 3

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 4

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 5

      「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

    • 6

      日本の大学教員だった父を突然、中国当局に拘束されて

    • 7

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 8

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 9

      誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

    • 10

      ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

    • 1

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 2

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 3

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 4

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 5

      ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

    • 6

      「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

    • 7

      山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

    • 8

      アマゾン従業員用のマインドフルネス設備「AmaZen」…

    • 9

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    • 10

      水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

    • 1

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 2

      脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

    • 3

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 4

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 5

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 6

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 7

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 8

      パイプライン攻撃のダークサイド、「次は標的を選ぶ…

    • 9

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

    • 10

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ゲイの夫夫が手にした父権の肖像