Newsweek

渡瀬 裕哉

リバタリアン・マインド

2020年米国大統領選挙を左右する第三極政党の動向

2020年07月03日(金)14時45分
    2020年米国大統領選挙を左右する第三極政党の動向

    リバタリアン党はジョー・ジョーゲンセンを選出した...... libertarian presidential candidate 2020

    <トランプ大統領vsバイデン元副大統領の戦いのみがクローズアップされるが、第三極政党の候補者らの動向は、大統領選挙の結果を左右する要素となっている......>

    米国は共和党・民主党による二大政党制の国と考えられており、それ以外の政党の存在は忘れられていることが多い。特に大統領選挙の報道では、トランプ大統領vsバイデン元副大統領の戦いのみがクローズアップされるため、第三極政党の候補者は忘却されがちである。

    しかし、実はこの第三極政党の候補者らの動向は、大統領選挙の結果を左右する要素となっている。その第三極政党とは、リバタリアン党と緑の党の2つの政党である。リバタリアン党は自由至上主義的な傾向を持つ政党であり、共和党と民主党の政府介入を嫌う部分を併せ持った性質を持つ政党である。緑の党は名前からも分かるように環境政策等を重視する左派政党である。

    泡沫政党が結果として大統領選挙の結果を左右した理由

    読者の多くは、このような泡沫政党が大統領選挙の結果を左右すると言われても俄かに信じがたいものと思う。そこで、2016年の大統領選挙でこの2つの政党の候補者の得票が大統領選挙結果を左右したことを数字で証明しよう。

    2016年大統領選挙、全米得票数はヒラリー(65,853,514票、48.18%)、トランプ(62,984,828票、46.09%)であり、リバタリアン党のジョンソン(4,489,341票、3.28%)、緑の党のステイン(1,457,218票、1.07%)であった。第三極は1%も取れないことが通例であるが、2016年大統領選挙ではヒラリー・トランプの不人気の相乗効果があり、第三極候補者が史上稀にみる高得票数を叩き出した。特にジョンソンはリバタリアン左派色が強い候補者であるとともに、元ニューメキシコ州知事という一定の社会的ステータスもある候補者であった。そのため、リバタリアン党としては快挙とも言える得票率を得ることになった。

    更に分析を深堀していこう。全米得票数でヒラリーはトランプを凌駕したが、実際には勝負を決めたのはフロリダやラストベルトを始めとする接戦州の選挙結果であった。(大統領選挙は全米得票数ではなく各州に割り当てられた代議員数の奪い合いであるため。)では、この接戦州の第三極政党の動向はどうか。

    たとえば、最重要接戦州のフロリダの最終得票結果はトランプ49.02%、ヒラリー47.82%、ジョンソン2.2%、ステイン0.68%であった。また、ラストベルトの代表州であるペンシルベニアではトランプ48.18%、ヒラリー47.46%、ジョンソン2.38%、ステイン0.81%であり、他のラストベルト接戦州(ミシガン、ウィスコンシン)も似たような数字であった。つまり、トランプとヒラリーの得票差分は第三極政党(特にリバタリアン党)の得票%以内に収まっているのだ。

    プロフィール

    プロフィール

    渡瀬 裕哉

    国際政治アナリスト、早稲田大学招聘研究員
    1981年生まれ。早稲田大学大学院公共経営研究科修了。 機関投資家・ヘッジファンド等のプロフェッショナルな投資家向けの米国政治の講師として活躍。日米間のビジネスサポートに取り組み、米国共和党保守派と深い関係を有することからTokyo Tea Partyを創設。全米の保守派指導者が集うFREEPACにおいて日本人初の来賓となった。主な著作は『日本人の知らないトランプ再選のシナリオ』(産学社)、『トランプの黒幕 日本人が知らない共和党保守派の正体』(祥伝社)、『なぜ、成熟した民主主義は分断を生み出すのか』(すばる舎)、『メディアが絶対に知らない2020年の米国と日本』(PHP新書)

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人を処刑

    • 4

      2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

    • 5

      「やめておけ、マイナス金利」 欧州金融界、逆効果示…

    • 6

      関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

    • 7

      EVで世界トップに上り詰めたテスラ、新たな電池戦略 …

    • 8

      トランプのWeChat禁止措置、連邦地裁が仮差し止め命令

    • 9

      中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

    • 10

      ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

    • 3

      「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

    • 4

      韓国の世代間格差と若者の怒り

    • 5

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 6

      EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

    • 7

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 8

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 9

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 10

      親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

    • 1

      安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

    • 2

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 3

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 4

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 5

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 6

      中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

    • 7

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 8

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 9

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    • 10

      太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と