World Voice powerd by Newsweek

ダイバーシティ先進国ベルギーから観る欧州 LGBTQI 事情

ひきりん|ベルギー

「ポスト・メルケル」ドイツの次期リーダー候補者たち

主な首相候補の顔ぶれ

公共放送ZDFの最新の世論調査によると、首相に相応しいと思う政治家として名前が上がっているのは、バイエルン州首相で、南部バイエルン州の地域姉妹政党・キリスト教社会同盟(CSU、現有46議席)のマルクス・ゼーダー党首。コロナ対策で制限強化や検査拡大などで議論をリードし指導力を発揮、2位以下を大きく引き離して首位に立っている。2位には社会民主党(SPD)出身の副首相、兼財務相オラフ・ショルツが続いている。政権ナンバー2としてショルツ自身の人気はあるものの、問題は所属政党・社民党(152議席)の支持の低さ。現在第2党ながら最新の政党支持率ではCDU/CSU連合(CDU200議席/CSU46議席、計246議席)の半分未満。コロナ対策で回復基調のCDU37%に対して、SPDは支持を落とし続けて15%と大きく水を開けられている。更には、現有67議席で第7党ながら近年人気の高い環境政党・同盟90/緑の党が支持率20%とCDUに続く2番目に高い数字でSPDを上回っており、SPDが首相を狙える立場には到底ないし、連立の相手としても袖にされそうな状況だ。その首位独走のゼーダーとラシェットとの首相候補比較でも、38%対32%とゼーダー有利となっていて、ラシェットにとっては分が悪い数字が出ている(他の候補20%、分からない10%)。

ゼーダー_ショルツ_ラシェット.jpg

ただ、ここで留意しなければいけないのは、ゼーダーがバイエルン州だけを地盤とした地域姉妹政党CSU出身と言うことだ。CSUはバイエルン州以外の州では活動せず、逆にCDUもバイエルン州では活動せずという相互不可侵の関係で、両者が競合することはなく、言わばCSUはCDUの「バイエルン州支部」のような位置付けになっている。ドイツ連邦全16州のただ一つの州のCSUの党代表が、全国政党CDUの全面的な支持を取り付けて、CDU/CSUの統一首相候補となり得るかどうか。過去には2002年、当時野党だったCDU/CSUは、CSUのシュトイバー党首を担いで選挙に臨んだが、僅差で敗れた歴史もあり。そして、当のゼーダー本人もバイエルン州首相の立場に留まることを希望していて、首相の座は目指していないとも伝えられる。

他にも首相候補と囁かれている人物として、目下メルケル首相と共にワクチン接種、確保などコロナ対策で忙しいイェンス・シュパーン保健相の名前が上げられよう。実はこの彼こそが筆者が密かに注目しているダークホース。昨年はコロナ対策で一気に名を上げた人物だが、現メルケル政権で最年少大臣(40歳、就任時37歳)にして、同性愛者として
初めて世界の主要国ドイツの首相になり得る可能性を秘めている。その可能性については、彼のプロフィール、過去の同性愛者の政治家の紹介も含めて続編としてお伝えしたい。同性愛者の首相候補という側面から焦点を当てつつも、さまざまな角度から再度他の候補者を交えて「ポスト・メルケル」レースを俯瞰し、検証したいと思っている。

48B39F38-305D-4A9B-9636-A55780A403C3_1_201_a.jpeg

 

Profile

著者プロフィール
ひきりん

ブリュッセル在住ライター。1997年ドイツに渡り海外生活スタート、女性との同棲生活中にゲイであることを自覚、カミングアウトの末に3年間の関係にピリオドを打つ。一旦帰国するも10ヶ月足らずでベルギーへ。2011年に現在の相方と出逢い、15年シビル・ユニオンを経て、18年に同性婚し夫夫(ふうふ)生活を営み中。

ブログ:ヨーロッパ発 日欧ミドルGAYカップルのツレ連れ日記 

Twitter:@hiquirin

Archives

このブロガーの記事

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ