World Voice powerd by Newsweek

England Swings!

ラッシャー貴子|イギリス

気分の重い11月を明るくしてくれた24時間チャリティ3つ

最初に紹介するドラマソンを24時間やり切ったオワインさんは、番組の放映中ずっとにこにこしていた。人前に出る仕事で慣れているのかもしれないけれど、実は腕や足がぱんぱんに張っていて、休憩中の処置でなんとか乗り切っていたと聞いてびっくり。辛くても痛くても眠くても、24時間ずっと機嫌よく過ごせるお人柄、すばらしい、うらやましい!  写真 iStock - ThitareeSarmkasat

 11月はたいてい天気がぱっとしない。その上、冬至に向かって暗く寒くなるばかりなので、なんとなく気が重い。でも今年は少し明るく過ごせて気がしている。話題になった24時間チャリティがどれも興味深くて、元気をもらえた気がするからだ。今回は、11月に話題になったその3つのチャリティ活動をご紹介したい。

 最初の2つは、国営放送BBCが主催するチルドレン・イン・ニードに属するイベントだ。チルドレン・イン・ニードは恵まれない子どもたちを支援する慈善団体で、毎年この時期にテレビ番組で募金を呼びかけている。今年の番組は11月19日に放映されて、トップシンガーのエド・シーランをはじめ人気の歌手、タレント、スポーツ選手が出演して、いつも通りにぎやかだった。ドラマやクイズ番組をおもしろおかしくマネしたり、東京オリンピックで活躍した選手を招いておもしろ運動会を開いたりと、子どもたちも楽しめる企画が盛りだくさん。20ポンド(約3000円)寄付すると話題のコンサートチケットが抽選で当たる豪華な特典まであった。番組終了後、11月23日の時点での募金額の合計は4037万ポンド(約5億8500万円)超だった。ものすごい金額!

 チルドレン・イン・ニードは毎年、メインの番組の他に独立したイベントも行っている。11月12日金曜の朝に始まったのがその1つ、ドラマソンだ。え、ドラマソン? 初めて聞く言葉だと思ったら、それもそのはず。24時間ドラムを演奏し続けるイベントのことで、ドラムdrumとマラソンmarathonを合わせてDrumathonなのだ。

 24時間ずっとドラムを叩き続けたのは、北西部でBBC天気予報を担当するオワイン・ウィン・エヴァンスさん。いつもにこにこ明るくて、ちょっと派手めなファッションがキマっている男性で、週末にはロンドンエリアでもたまにお見かけしていた。その彼がドラマソンに挑戦するきっかけになったのは、昨年のこの動画だ。

@owainwynevans

When they said try working from home I didn't realise they'd expect me to do the music too #bbcnews #bbcnewstheme

♬ original sound - OwainWynEvans

オワインさんのTikTok投稿より。オワインさんはウェールズ訛りもチャーミング。天気予報を伝える時のちょっとしたおしゃべりからも穏やかで明るいお人柄がうかがわれて、もともと密かにファンだった。この動画では、ふだんはかわいらしいオアインさんが、演奏を始めたとたんに力強く変貌するのがすてき

 この動画でドラムを叩いているのがオワインさんだ。バックに流れる音楽は、英国では誰でも知っているBBCニュースのテーマ曲。昨年のロックダウン(都市封鎖)では、家でおもしろいことしてSNSに投稿するのがはやったけれど、おなじみの音楽に自分の演奏やダンスを重ねるパターンも多かった。この動画もそのひとつで、昨年4月にSNSでバズって、オワインさんは一躍、時の人となった。

 ドラマソンでは、オワインさんはゲストと話す時も、ラジオに出演する時も、スタジオを移動する時も(移動用のドラムを体につけて!)、とにかく手や足でずっとドラムを叩いていた。ただの落ち着きのない人に見えなくもないのだけれど、それを真面目にやっているところを国営放送が24時間中継していたのだ。なんだかおもしろくて、見逃し配信を含めてなんだかんだ合計8時間ぐらい見てしまった。(ドラマソンの動画は、BBCテレビを見られる環境ならこのリンクから今でも4時間分を見ることができる。ハイライトの動画はこちらの記事から)。

Profile

著者プロフィール
ラッシャー貴子

ロンドン在住15年目の英語翻訳者、英国旅行ライター。共訳書『ウェブスター辞書あるいは英語をめぐる冒険』、訳書『Why on Earth アイスランド縦断記』、翻訳協力『アメリカの大学生が学んでいる伝え方の教科書』、『英語はもっとイディオムで話そう』など。違う文化や人の暮らしに興味あり。世界中から人が集まるコスモポリタンなロンドンの風景や出会った人たち、英国らしさ、日本人として考えることなどを綴ります。

ブログ:ロンドン 2人暮らし

Twitter:@lonlonsmile

Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ