World Voice powerd by Newsweek

パリのカフェのテラスから〜 フランスって、ホントはこんなところです

RIKAママ|フランス

2021年バゲットコンクールグランプリ受賞のバゲットと日本の食パンブーム

パリでの日本の食パンブーム

そんな伝統あるフランスのパン文化の中で、最近、急激に成長し始めているのは、驚くことに「日本の食パン」なのです。そもそもフランスに、日本の食パンのようなものはなく、強いて言えば、「パン・ドゥ・ミ」と呼ばれる日本の食パンよりも一回り小さめな長方形のパンはありますが、日本人の私などがついつい、「日本の食パンに似ている!」と買ってみても、それは、日本の食パンのあのふわふわした感じとは、ほど遠く、きめも粗く、下手をするとブリオッシュの生地だったりして、何度、がっかりしたことかわかりません。

それが、現在の「日本の食パンブーム」が起こり始めたのは、10年ほど前にパンの国フランスで、あえて堂々と「日本のパン屋さん」と銘打ってオープンした「Boulangerie Aki」というパン屋さんが、パリ1区に登場したことから始まりだったと思われます。そのパン屋さんは、本当に日本のパン屋さんのように食パンを始めとして、あんぱん、カレーパン、メロンパン、クリームパンやいわゆる日本風のサンドイッチなどなどを常時取り揃え、その「Aki」がパリで徐々に評判になり、大成功を収め、何店舗にも拡大し始めたことにより、パリのところどころに「日本の食パン」を扱うパン屋さんができ始めたのです。

食生活に関しては、比較的保守的なフランス人に、よりによってそのお家どころの伝統的なパンの分野で、日本の食パンが受け入れられ始めていることは、意外でもあり、嬉しい驚きでもあります。

もともとパンという小麦粉文化のフランスで日本の食パンとはいえ、最高級の小麦粉の調達は難しいことでもなく、その製法にそれぞれのお店でこだわりが見られるものの、パリで売っている「日本の食パン」は、なかなかのレベルのもので、つい最近、見つけた(と言っても、4年ほど前からあるそうですが・・)「Carré Pain de Mie」などは、日本のパン屋さんと言っても、特に食パンに特化したお店で、パンは日本の食パンしか置いていません。その店舗では、トースト用の「SAKKURI(さっくり)」とそのままサンドイッチにもできる「MOCHI MOCHI-SHITTORI(もちもちしっとり)」の2種類の日本の食パンは、大盛況です。特に、「しっとりもちもち」の方の食パンは、ふわふわで滑らかで、それでいて、しっとりもちもちとした食感とクセのなさは、ちょっと感動もので、真ん中の白い部分は大切に扱ってあげないと、崩れてしまいそうな滑らかさと優しさで、パンを赤ちゃんを触るみたいに愛おしく扱ってあげたくなります。

カレ パンドミ もちもちとサクサク.JPG左が「SHITTORI MOCHI MOCHI」右が「SAKKURI」 筆者撮影

また、パンの耳の部分もしっとりもっちりしていて大変食べやすく、おそらくパンの耳が苦手という方でも美味しく頂けるような、こんなパンの耳、食べたことない!およそパンの耳とは違う食感で、パンの耳を切り落とすことが勿体無いと感じさせるようなパンの耳です。パンのことを書いていて、パンの耳を絶賛するのもおかしな話ですが、とにかく、日本では食べたことがなかったような「日本の食パン」です。

もともとフランスには、たくさんの種類のパンがあり、フランス発祥のパン以外にも、ピタパンやナンのような他の国のパンもかなり浸透しており、そもそも小麦粉文化ゆえに種類が違うとはいえ、受け入れられやすい面は多分にあるとはいえ、そこに「日本の食パン」が加わったことには、やはり日本人として誇らしくもあり、嬉しくもあります。

パリの有名なパン屋さんのパンが空輸されて、日本のデパートなどで売られているそうですが、いつの日か、パリで作られた「日本の食パン」が逆輸入されて、日本で販売!なんてこともあるかもしれません。

とはいえ、やはり、フランスのパンの中心的存在のバゲットは、いつも不動の位置を保っており、今回のバゲットコンクールなどでも見られるように、いつも最も身近でありながら、時に大きく注目される存在でもあります。

今回のバゲットコンクールの優勝者はチュニジア出身のパン職人でしたが、いつの日か日本人の作ったバゲットがコンクールで優勝!なんてことがあったら嬉しいな・・などと、そんなことまで、考えながら、最近、色々なパンを買い集めては、食べてみている我が家は、今日も「パン祭り」で、美味しい生ハムを買ってきたり、コンテ(チーズ)を買ってきたり、ワインも揃えて買ったり・・食べることだけにはまめに動き回ることが、私の最近のパリでの生活の中心を占めているのです。

<Les Boulangers de Reuilly> 54 Boulvard de Reuilly 75012 Paris

<Boulangerie Aki> 16 Rue Saint-Anne 75001 Paris

<Carré Pain de Mie> 5 Rue Rambuteau 75004 Paris

 

Profile

著者プロフィール
RIKAママ

フランスって、どうしようもない・・と、日々感じながら、どこかに魅力も感じつつ生活している日本人女性。日本で約10年、フランスで17年勤務の後、現在フリー。フランス人とのハーフの娘(1人)を持つママ。東京都出身。

ブログ:「海外で暮らしてみれば・・」

Twitter:@OoieR



Twitter

ツイッター

Facebook

フェイスブック

Topics

お知らせ