Newsweek

青山弘之

東京外国語大学教授。1968年東京生まれ。東京外国語大学教授。東京外国語大学卒。一橋大学大学院修了。1995〜97年、99〜2001年までシリアのダマスカス・フランス・アラブ研究所(IFPO、旧IFEAD)に所属。JETROアジア経済研究所研究員(1997〜2008年)を経て現職。専門は現代東アラブ地域の政治、思想、歴史。編著書に『混迷するシリア:歴史と政治構造から読み解く』(岩波書店、2012年)、『「アラブの心臓」に何が起きているのか:現代中東の実像』(岩波書店、2014年)、『シリア情勢:終わらない人道危機(岩波新書)』(岩波書店、2017年)などがある。ウェブサイト「シリア・アラブの春顛末記」を運営。青山弘之ホームページ

シリア情勢

トルコ軍がシリアに「ヒステリックな攻撃」を加えた理由とロシアの狙い

シリア情勢

トルコの侵攻を黙認する見返りに、米国、ロシア、シリア政府が認めさせようとしていること

シリア情勢

シリアのイドリブ県で戦闘が激化するなか、政府軍が再び化学兵器攻撃か?

シリア事情

イスラーム国の敗北と、トランプがゴラン高原「イスラエルに主権」に署名した関係

シリア情勢

米軍撤退決定は、シリアにとってどういう意味を持つのか?

シリア情勢

内戦の趨勢が決したシリアで、再びアレッポ市に塩素ガス攻撃が行なわれた意味

シリア情勢

シリア反体制派の最後の牙城への総攻撃はひとまず回避された──その複雑な事情とは

シリア情勢

「シリア革命」発祥の地の報道されない惨状と、越境攻撃するイスラエルの狙い

シリア情勢

シリア化学兵器使用疑惑事件と米英仏の攻撃をめぐる「謎」

シリア情勢

シリアの塩素ガス使用疑惑は、欧米諸国の無力を再確認させる

シリア情勢

シリア 弾圧に曝される市民に寄り添うフリをしてきた欧米諸国の無力と敗北

シリア情勢

シリアで今度はトルコ軍が化学兵器攻撃か?

シリア情勢

アサド政権に続いて化学兵器を使用したのはアメリカが支援するクルド人勢力?

シリア情勢

トルコがシリアへ侵攻し、クルドが切り捨てられる

シリア情勢

エルサレム首都宣言以降、イスラエルがシリアへの越境攻撃を控えるようになった理由とは

シリア情勢

シリアでも混乱を助長するだけだったサウジアラビアの中東政策

シリア情勢

イスラム国の首都ラッカを解放したが、スケープゴートの危機にあるクルド

シリア情勢

今こそ、シリアの人々の惨状を黙殺することは人道に対する最大の冒涜である

シリア情勢

シリアで「国家内国家」の樹立を目指すクルド、見捨てようとするアメリカ

シリア情勢

米国はシリアでイスラーム国に代わる新たな「厄介者」に