Newsweek

印南敦史

1962年生まれ。東京都出身。作家、書評家。広告代理店勤務時代にライターとして活動開始。現在は他に「ライフハッカー[日本版]」「東洋経済オンライン」「WEBRONZA」「サライ.jp」「WANI BOOKOUT」などで連載を持つほか、「ダ・ヴィンチ」などにも寄稿。新刊『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)をはじめ、ベストセラーとなった『遅読家のための読書術――情報洪水でも疲れない「フロー・リーディング」の習慣』(ダイヤモンド社)、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』(日本実業出版社)など著作多数。

BOOKS

「パパ活」という言葉はマーケティング会議の中で生まれた

BOOKS

日本人の美徳は罪悪感と報恩精神──とドイツ在住ライター

BOOKS

人殺しの息子と呼ばれた「彼」は、自分から発信することを選んだ

BOOKS

メンタル防衛に必要なのに、職場から消えたものは「雑談」と...

BOOKS

テレビで反響を呼んだ取材、『発達障害と少年犯罪』

BOOKS

いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かったこと

BOOKS

高齢ドライバー問題は、日本の高度経済成長が生んだ!?

BOOKS

「コンビニ外国人」が多い日本、政府の「移民」の定義はズレている

BOOKS

日給1300円も普通!? 非正規・派遣が崖っぷちになる年齢は...

BOOKS

3歳の子を虐待死させた親の公判を、傍聴席から、そのまま提示する

BOOKS

婚約破棄、辞職、借金、自殺......知られざる加害者家族の苦悩

BOOKS

「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

BOOKS

2週間に1度起こっている「介護殺人」 真面目で普通の人たちが...

BOOKS

定年後どう生きるか、最大のポイントは「黄金の15年」にあり

BOOKS

絶対的に不平等な「税金逃れ」と「税金取り立て」の実態

BOOKS

「意識高い系」スタートアップの幼稚で気持ち悪い実態

BOOKS

「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「うつ病休職」の告発

BOOKS

日雇労働者の街・あいりん地区に見る貧困問題の希望

BOOKS

「中国人の本音」の本質は、当たり前の話だった

BOOKS

バブル期に「空前の好景気」の恩恵を受けた人はどれだけいた?