Newsweek

印南敦史

1962年生まれ。東京都出身。作家、書評家。広告代理店勤務時代にライターとして活動開始。現在は他に「ライフハッカー[日本版]」「東洋経済オンライン」「WEBRONZA」「サライ.jp」「WANI BOOKOUT」などで連載を持つほか、「ダ・ヴィンチ」などにも寄稿。ベストセラーとなった『遅読家のための読書術』(ダイヤモンド社)をはじめ、『世界一やさしい読書習慣定着メソッド』(大和書房)、『読んでも読んでも忘れてしまう人のための読書術』(星海社新書)、『人と会っても疲れない コミュ障のための聴き方・話し方』(日本実業出版社)など著作多数。新刊は、『書評の仕事』(ワニブックス)。

BOOKS

「私の20年を返してほしい」53歳ひきこもり女性──8050問題をめぐる家族の事情

BOOKS

ネットの「送料無料」表記に「存在を消されたようだ」と悲しむ人たちがいる

BOOKS

「しつけか虐待か?」が不毛な議論である理由

BOOKS

性風俗で働く地方都市シングルマザーの意外な実態

BOOKS

目黒女児虐待死事件で逮捕された母親が手記に書いていたこと

BOOKS

トイレの前でズボンを脱ぎ、下半身パンツ1枚で待つ。これが刑務所生活の実態だ

BOOKS

毒親を介護する50歳男性「正直死んでくれとも思うんです」

BOOKS

救急車を呼んでも来ない──医療崩壊の実態とそれを推進する「働き方改革」

BOOKS

「私はエリートだから農協に落ち着いたのは忸怩たる思い」団塊ジュニアのしくじり人生

BOOKS

日本の格差社会が「お客様」をクレーマーにし、店員に罵声を浴びさせる

BOOKS

東電の原発事故賠償、審査はザルで、不正が横行していた

BOOKS

六本木・銀座は基地の街だった──売春、賭博、闇取引が横行した時代

BOOKS

児童虐待は検証率「わずか5割」 どうすれば悲劇を断ち切れるのか

BOOKS

丸山ゴンザレスだからこそ書けた世界の裏社会ルール

BOOKS

和歌山カレー事件、林眞須美死刑囚の長男が綴る「冤罪」の可能性とその後の人生

BOOKS

1995年、オウム事件を生んだ平成の「災害史観」とは何か

BOOKS

質問・批判をかわす「安倍話法」には4パターンある、その研究

BOOKS

ラッパーECDの死後、妻の写真家・植本一子が綴った濃密な人間関係

BOOKS

団地は最前線、団地こそが移民の受け皿として機能する?

BOOKS

難治がんの記者が伝えたい「がんだと分かった」ときの考え方