Newsweek

舞田敏彦

教育社会学者。
1976年生まれ。東京学芸大学大学院博士課程修了。教育学博士。専攻は教育社会学、社会病理学、社会統計学。公式ブログは「データえっせい」、著書に『教育の使命と実態 データから見た教育社会学試論』(武蔵野大学出版会)、『平均年収の真実 31の統計から年収と格差社会を図解【データえっせい】』(impress QuickBooks)。最新刊『データで読む 教育の論点』(晶文社、8月3日発売予定)。

日本社会

加速する東京一極集中、就職世代の人口流入が止まらない

働き方

正規・非正規の待遇格差をなくせば日本の働き方は変わる

ヘルス

やせていても太っていると思い込む、日本の女性の危険な「やせ」願望

日本社会

全国の孤独死の3分の1は東京23区で起きている

教育

同学年内の「生まれ月」の差は、意外に尾を引いている

日本社会

東大生の親の6割以上は年収950万円以上

学力格差

子どもの学力を決めるのは、地域と家庭の教育レベル

日本社会

戦後日本で価値観の激変に苦悩した若者たち、現在の社会変化にも共通点が

教育

18歳人口激減時代に、生き残れる大学の条件とは

労働

働き方改革とは無縁の「過労死予備軍」が多い職業は?

日本経済

収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失った生活のゆとり

日本経済

日本の通勤地獄が労働生産性を下げている? 経済損失の試算は1日あたり1424億円

日本社会

都心部でも見直される、お金を使わない「非貨幣経済」

日本社会

「おカネの若者離れ」で、どんどん狭くなる趣味の世界

IT企業

IT産業が東京都心部に一極集中する理由

格差

日本は経済的豊かさと子どもの貧困が同居する奇妙な社会

日本社会

教育現場は「ブラック労働」、若手教員の心身が蝕まれる

教育

本業なし非常勤講師の急増で、日本の大学が「崩壊」する

日本社会

就職氷河期世代「ロスジェネ」が日本の人口動態に与えたインパクト

雇用

就職氷河期にキャリアを奪われた「ロスジェネ」の悲劇