Newsweek

大塚智彦

インドネシア在住ジャーナリスト PanAsiaNews 1957年東京生まれ。国学院大学文学部史学科卒、米ジョージワシントン大学大学院宗教学科中退。1984年毎日新聞社入社、長野支局、東京外信部防衛庁担当などを経てジャカルタ支局長。2000年産経新聞社入社、シンガポール支局長、社会部防衛省担当などを歴任。2014年からフリーランス記者として東南アジアをフィールドに取材活動を続ける。著書に「アジアの中の自衛隊」(東洋経済新報社)、「民主国家への道、ジャカルタ報道2000日」(小学館)など

イスラム過激派

世界最多のイスラム教徒擁するインドネシアで過激思想が浸透? 温床はモスクと大学

薬物汚染

フィリピンで麻薬対策を小学生まで拡大、持ち物検査に検尿まで 教育界は猛反発

事件

フィリピン今度は副市長暗殺 1週間で首長3人殺害の異常事態に

事件

タイ洞窟内の少年救出作戦開始 作戦成功祈る一方、早くも洞窟観光地化や映画化も

犯罪

南の楽園に潜む闇 小児性愛、幼児ポルノの根絶目指すインドネシア

犯罪対策

インドネシア、首都の強盗増加に警察が強硬姿勢「抵抗すれば射殺!」

事故

インドネシア、また船舶事故で34人死亡 乗船名簿と乗客数合わず捜査が混乱も

汚職

マレーシアのナジブ前首相、汚職疑惑で逮捕起訴 有罪なら禁固20年に鞭打ち刑も

麻薬対策

フィリピン現職市長暗殺 強硬な麻薬対策の一方で自身にも疑惑が

金正男暗殺事件

マレーシア、北朝鮮との国交再開へ マハティール首相が決断する狙いは?

選挙

インドネシア統一地方首長選、今日投開票 警官銃撃やテロ容疑者逮捕で緊張高まる

軍事

フィリピンのドゥテルテ、巨額国防費を承認 ドローンに潜水艦、戦車は何のため?

テロ

刑務所内から犯行指示のテロ指導者に死刑判決 報復テロの危機高まるインドネシア

インドネシア

あの男が帰ってくる ! ポルノ法違反の過激なイスラム急進派代表が逃亡先から

事故

スマトラ島の観光地で客船沈没、行方不明者多数 インドネシア、船舶事故が多発する事情とは

東南アジア

インドネシアで今度はワニ騒動 首都の海岸に出没、過去には犠牲者続出

東南アジア

全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

フィリピン

口は災いの元! ドゥテルテ大統領、キス強要で女性蔑視と非難浴びる

米朝首脳会談

そっくりさんから便乗バーガーやTシャツまで シンガポールの米朝会談狂想曲