Newsweek

横山信弘

横山信弘のハードワーク思考

1社目は辞めてもいい? 「第2エリート」というキャリア戦略

2019年05月07日(火)17時09分
    1社目は辞めてもいい? 「第2エリート」というキャリア戦略

    キャリアカウンセラーが描くルートだけが成功への道ではない(東京で開かれた就職説明会でカウンセリングを受ける学生たち) Yuya Shino- REUTERS

    <「第2新卒」と同じように「第2エリート」という生き方がある。優秀で、正しいゴールに向かって無駄なく出世階段を上っていく伝統的なエリートと違い、大き過ぎる夢をもてあまして会社を辞めるなどの出遅れ組から這い上がるエリートのことだ>

    プロフィール

    プロフィール

    横山信弘

    アタックス・セールス・アソシエイツ代表取締役社長。現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。全国でネット中継するモンスター朝会「絶対達成社長の会」発起人。「横山信弘のメルマガ草創花伝」は3.5万人の企業経営者、管理者が購読する。『絶対達成マインドのつくり方』『営業目標を絶対達成する』『絶対達成バイブル』など「絶対達成」シリーズの著者。著書はすべて、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。年間100回以上の講演、セミナーをこなす。ロジカルな技術、メソッドを激しく情熱的に伝えるセミナーパフォーマンスが最大の売り。最新刊は『自分を強くする』。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

    • 3

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 4

      世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      韓国人はなぜデモがそんなに好きなのか

    • 7

      日本の重要性を見失った韓国

    • 8

      9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

    • 9

      犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

    • 10

      慰安婦問題が突き付ける、「歴史を装った記憶」の危…

    • 1

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 2

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 3

      世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 6

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 7

      犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

    • 8

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 9

      世界が知る「香港」は終わった

    • 10

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

    • 3

      日本の重要性を見失った韓国

    • 4

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 5

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 8

      韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

    • 9

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

    • 10

      「韓国の反論は誤解だらけ」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】北米コロラド川の水と命が枯れる