Newsweek

横山信弘

横山信弘のハードワーク思考

「フラリーマン」の取扱説明書

2019年07月18日(木)16時45分
    「フラリーマン」の取扱説明書

    これだから早く帰りたくないんだ Yagi-Studio-iStock.

    <働き方改革で長時間労働が是正された結果、退勤後もすぐに家に帰らずひたすら時間を浪費する「フラリーマン」が増えている。彼らをやる気にさせるコツは>

    「私の夫がフラリーマンだったら最悪。退社後フラフラして帰ってきたら、ボロクソに言う」

    ある主婦からこのように言われ、私はこうアドバイスしました。「頭ごなしに言うのは、絶対によくありません」と。

    働き方改革によって長時間労働が是正され、急増しているのが「フラリーマン」です。

    まっすぐ帰宅するのがいやで、会社を後にしてからフラフラと街をさまよう会社員を、最近は「フラリーマン」と呼ぶようです(ほとんどが男性)。

    ゆっくり「立ち読み」できるカフェ付き書店や、「ちょい飲み」のメニューを用意する居酒屋が増えるほど、フラリーマンの潜在マーケットは拡大しています。

    なぜまっすぐ帰宅しないのか?

    フラリーマンが、まっすぐに帰宅しない理由はいろいろあるでしょう。代表的な理由が「一人の時間が欲しい」「家事を手伝うのが面倒」と言われていますが、前者の「一人の時間が欲しい」は後付けです。残業がたくさんあった時代もフラフラしていたのか、というとそうではないからです。

    長時間労働の時代からフラフラしている人が多かったのなら「フラリーマン」などという新しい呼称が、最近できるはずがない。

    理由はひとつだけ。後者の「家事を手伝うのが面倒」だから、です。

    小さい子どもがいる家庭なら、なおさらでしょう。世の中の奥様は意識していないかもしれませんが、ご主人が家にいるとあれこれ用を頼みたくなりませんか。それは、「人の顔を見ると用事を思い出す」という心理現象です。

    このような心理があるから、営業マンは外へ出てお客様のところへ足しげく顔を出すのです。顔を見せると「いいところに来てくださいました」と、思い出したように声を掛けてくれます。顔を見なければ思い出さないことを、お客様は無意識に思い出してくださるのです(成約の確率が高まる、ということです)。

    反対に、営業が社内にいると、いろいろな人から声が掛かります。「ちょっと時間とってくれないか。意見を聞きたいことがある」「午後から時間あるかな? 商品開発の会議があるんだけど、君も出たほうがいいと思って」等々。

    プロフィール

    プロフィール

    横山信弘

    アタックス・セールス・アソシエイツ代表取締役社長。現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。全国でネット中継するモンスター朝会「絶対達成社長の会」発起人。「横山信弘のメルマガ草創花伝」は3.5万人の企業経営者、管理者が購読する。『絶対達成マインドのつくり方』『営業目標を絶対達成する』『絶対達成バイブル』など「絶対達成」シリーズの著者。著書はすべて、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。年間100回以上の講演、セミナーをこなす。ロジカルな技術、メソッドを激しく情熱的に伝えるセミナーパフォーマンスが最大の売り。最新刊は『自分を強くする』。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 2

      生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

    • 3

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 4

      24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

    • 5

      金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

    • 6

      宇宙の真理にまた一歩近づく、画期的なX線宇宙マッ…

    • 7

      「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

    • 8

      東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

    • 9

      「カザフスタンで新型コロナより深刻な肺炎が流行」と…

    • 10

      インドが中国製アプリ「TikTok」を禁止した本当の理由

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

    • 4

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

    • 5

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 6

      生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

    • 7

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 8

      「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

    • 9

      新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

    • 10

      どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

    • 1

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

    • 2

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 3

      国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

    • 4

      科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

    • 5

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

    • 6

      世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

    • 7

      中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

    • 8

      孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

    • 9

      東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

    • 10

      ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】リアル過ぎる赤ちゃん人形が愛される理由