Newsweek

横山信弘

横山信弘のハードワーク思考

「フラリーマン」の取扱説明書

2019年07月18日(木)16時45分
    「フラリーマン」の取扱説明書

    これだから早く帰りたくないんだ Yagi-Studio-iStock.

    <働き方改革で長時間労働が是正された結果、退勤後もすぐに家に帰らずひたすら時間を浪費する「フラリーマン」が増えている。彼らをやる気にさせるコツは>

    「私の夫がフラリーマンだったら最悪。退社後フラフラして帰ってきたら、ボロクソに言う」

    ある主婦からこのように言われ、私はこうアドバイスしました。「頭ごなしに言うのは、絶対によくありません」と。

    働き方改革によって長時間労働が是正され、急増しているのが「フラリーマン」です。

    まっすぐ帰宅するのがいやで、会社を後にしてからフラフラと街をさまよう会社員を、最近は「フラリーマン」と呼ぶようです(ほとんどが男性)。

    ゆっくり「立ち読み」できるカフェ付き書店や、「ちょい飲み」のメニューを用意する居酒屋が増えるほど、フラリーマンの潜在マーケットは拡大しています。

    なぜまっすぐ帰宅しないのか?

    フラリーマンが、まっすぐに帰宅しない理由はいろいろあるでしょう。代表的な理由が「一人の時間が欲しい」「家事を手伝うのが面倒」と言われていますが、前者の「一人の時間が欲しい」は後付けです。残業がたくさんあった時代もフラフラしていたのか、というとそうではないからです。

    長時間労働の時代からフラフラしている人が多かったのなら「フラリーマン」などという新しい呼称が、最近できるはずがない。

    理由はひとつだけ。後者の「家事を手伝うのが面倒」だから、です。

    小さい子どもがいる家庭なら、なおさらでしょう。世の中の奥様は意識していないかもしれませんが、ご主人が家にいるとあれこれ用を頼みたくなりませんか。それは、「人の顔を見ると用事を思い出す」という心理現象です。

    このような心理があるから、営業マンは外へ出てお客様のところへ足しげく顔を出すのです。顔を見せると「いいところに来てくださいました」と、思い出したように声を掛けてくれます。顔を見なければ思い出さないことを、お客様は無意識に思い出してくださるのです(成約の確率が高まる、ということです)。

    反対に、営業が社内にいると、いろいろな人から声が掛かります。「ちょっと時間とってくれないか。意見を聞きたいことがある」「午後から時間あるかな? 商品開発の会議があるんだけど、君も出たほうがいいと思って」等々。

    プロフィール

    プロフィール

    横山信弘

    アタックス・セールス・アソシエイツ代表取締役社長。現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。全国でネット中継するモンスター朝会「絶対達成社長の会」発起人。「横山信弘のメルマガ草創花伝」は3.5万人の企業経営者、管理者が購読する。『絶対達成マインドのつくり方』『営業目標を絶対達成する』『絶対達成バイブル』など「絶対達成」シリーズの著者。著書はすべて、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。年間100回以上の講演、セミナーをこなす。ロジカルな技術、メソッドを激しく情熱的に伝えるセミナーパフォーマンスが最大の売り。最新刊は『自分を強くする』。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:躍進のラグビー

    本誌 最新号

    特集:躍進のラグビー

    日本代表の大躍進に沸くラグビーW杯── グローバル化で変わるこのスポーツの未来の姿

    2019年10月29日号  10/23発売

    人気ランキング

    • 1

      ラグビー場に旭日旗はいらない

    • 2

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語るメーガン妃、率直な告白に大きな反響

    • 3

      韓国、辞任したチョ・グク法相の検察改革で、最初に恩恵を受けたのはチョ氏の妻だったが......

    • 4

      「ユニクロCFは慰安婦を侮辱!」 韓国で非難殺到、店舗…

    • 5

      災害での死者数は、なぜ女性の方が多いのか

    • 6

      【写真特集】ポルノ女優から受付嬢まで、トランプの…

    • 7

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

    • 8

      ヨーロッパ最大の「結晶世界」、「プルピ晶洞」一般…

    • 9

      水深3200メートル、クジラの死骸に群がる深海魚、撮…

    • 10

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 3

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

    • 4

      交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

    • 5

      韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

    • 6

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 7

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

    • 8

      ラグビー場に旭日旗はいらない

    • 9

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 10

      性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 3

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 9

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

    • 10

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調