Newsweek

横山信弘

横山信弘のハードワーク思考

深刻な「人手不足」時代に、中小企業が絶対にやってはいけないこと

2019年08月19日(月)14時00分
    深刻な「人手不足」時代に、中小企業が絶対にやってはいけないこと

    「採用基準」は絶対に下げてはならない(写真はイメージ) TAGSTOCK1-iStock

    <人手不足に苦しむあまり、安易に採用基準を下げてしまう姿勢が中小企業にとって命取りになりかねない>

    急増するキーワードとは?


    「突然ですが、これらの数字って、何を示しているかご存知ですか」

    これまで約1,000社を超える採用支援をしてきた、当社コンサルタント酒井利昌が、私にこう尋ねました。

    日本経済新聞社の記事(紙面および電子版)に登場した、あるキーワードの件数だとのこと。


    2010年 76件
    2011年 89件
    2012年 193件
    2013年 299件
    2014年 1,264件
    2015年 984件
    2016年 1,328件
    2017年 3,274件
    2018年 4,336件

    2010年ごろから増えはじめ、ここ数年で激増しているキーワードのようですが、わかりません。適当に「タピオカ」と私は答えました。当然不正解。正解は、「人手不足」だそうです。


    「人手不足って、2010年ごろから注目されたの?」

    「そうです。2010年ごろは、海外の人手不足に関する記事ですね。国内では介護人材不足やIT人材不足の記事でした」

    2011年から2012年にかけては、東日本大震災の被災地での記事がこれに加わり、2012年から2013年ごろから飲食業など他業界にも人手不足感が拡がったとのこと。

    そして2014年以降は、さまざまな業界で人手不足感が高まっていることが、キーワード件数の飛躍的増加からイメージできます。

    いまや「人手不足」という言葉が、日本中のいたるところで頻繁に飛び交っています。

    採用コンサルタントとしての経験が豊富だからか、酒井はこう嘆きます。


    「私が最も悲しいのは、『人手不足倒産』が急増していることです。本当に、いたたまれません」

    「採用さえうまくいけば」という危険な発想

    帝国データバンクが2019年1月に行った「人手不足」に関する調査によると、正社員が不足していると回答した企業の割合は53.0%。

    1年前の調査から1.9ポイント増加しました。

    不足している業種上位は、次の通りです。


    1位:放送(76.9%)
    2位:情報サービス(74.8%)
    3位:運輸・倉庫(71.9%)
    4位:建設(67.8%)
    5位:飲食店(65.9%)

    非正規で不足している業種上位は、


    1位:飲食店(84.1%)
    2位:飲食料品小売(67.7%)
    3位:メンテナンス・警備・検査(61.7%)
    4位:各種商品小売(57.5%)
    5位:娯楽サービス(57.4%)

    という結果。

    この事実からしても、人手不足が深刻なレベルに達していることは、誰でもわかります。

    プロフィール

    プロフィール

    横山信弘

    アタックス・セールス・アソシエイツ代表取締役社長。現場に入り、目標を絶対達成させるコンサルタント。全国でネット中継するモンスター朝会「絶対達成社長の会」発起人。「横山信弘のメルマガ草創花伝」は3.5万人の企業経営者、管理者が購読する。『絶対達成マインドのつくり方』『営業目標を絶対達成する』『絶対達成バイブル』など「絶対達成」シリーズの著者。著書はすべて、中国、韓国、台湾で翻訳版が発売されている。年間100回以上の講演、セミナーをこなす。ロジカルな技術、メソッドを激しく情熱的に伝えるセミナーパフォーマンスが最大の売り。最新刊は『自分を強くする』。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:進撃のYahoo!

    本誌 最新号

    特集:進撃のYahoo!

    メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

    2019年12月17日号  12/10発売

    人気ランキング

    • 1

      共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の老人が言ったこと...

    • 2

      カイロ・レンは嘘をついていた?『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新キャラと予想

    • 3

      キャッシュレス化が進んだ韓国、その狙いは何だったのか?

    • 4

      中国で焚書令、文化大革命の再来か

    • 5

      習近平を国賓として招聘すべきではない――尖閣諸島問題

    • 6

      麻酔を忘れて手術された女性、激痛に叫ぶも医者が気…

    • 7

      サルの細胞を持つブタが中国で誕生し、数日間、生存…

    • 8

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボ…

    • 9

      ウイグル人と民族的に近いトルコはなぜ中国のウイグ…

    • 10

      離脱強硬派ジョンソン勝利でイギリス「連合王国」解…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 3

      熱帯魚ベタの「虐待映像」を公開、動物愛護団体がボイコット呼び掛ける

    • 4

      インフルエンザ予防の王道、マスクに実は効果なし?

    • 5

      共産党国家に捧げるジョーク:変装した習近平に1人の…

    • 6

      中国で焚書令、文化大革命の再来か

    • 7

      ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

    • 8

      次期首相候補、石破支持が安倍首相を抜いて躍進 日…

    • 9

      東京五輪、マラソンスイミングも会場変更して! お…

    • 10

      トランプ、WTOの紛争処理機能を止める 委員たったの…

    • 1

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

    • 2

      「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

    • 3

      「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

    • 4

      元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

    • 5

      「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

    • 6

      文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

    • 7

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 8

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 9

      GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

    • 10

      日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】殺戮者の子供と生きたルワンダの母親たちの25年