Newsweek

楊海英

ユーラシアウォッチ

トルコ大統領の怒りの裏にある、知られざるトルコとNZの歴史問題

2019年04月06日(土)15時10分

    その点で、テロ犯タラントが73ページにも及ぶ声明文の中で、中国の全体主義思想を称賛していたことは注目に値する。エルドアンは2月に、「ウイグル人弾圧は人類の恥」と中国によるイスラム敵視政策に注意を促したばかり。事実、タラントは中国共産党政権によるウイグル人弾圧の報道を知り、「多様性なき国家」中国に共鳴するに至ったと指摘されている。

    ニュージーランドのテロを受けて、中国共産党系のプロパガンダ紙「環球時報」幹部はネット上で、「過激派のテロ行為を事前に抑え込んでいる」と、改めて新疆ウイグル自治区での強制収容を正当化している。

    ニュージーランドのテロ事件は私たちに2つのメッセージを示唆している。第1に、イスラム世界に対する差別と偏見の根は深いことだ。それはともすれば、西洋諸国を「正義」と見なす連合国的な歴史観とも連動している。

    第2に、暴力に正当性が与えられている背景には、中国の存在が無視できないという点だ。中国の少数民族弾圧という暴力は国内にとどまらない。今回タラントが声明で称賛したように、中国の手法は各国の独裁者たちに加え、確実に個々のテロリストにも「輸入」されるようになってきたのだ。

    <本誌2019年04月09日号掲載>

    20190409cover_200b.jpg

    ※4月9日号(4月2日発売)は「日本人が知らない 品格の英語」特集。グロービッシュも「3語で伝わる」も現場では役に立たない。言語学研究に基づいた本当に通じる英語の学習法とは? ロッシェル・カップ(経営コンサルタント)「日本人がよく使うお粗末な表現」、マーク・ピーターセン(ロングセラー『日本人の英語』著者、明治大学名誉教授)「日本人の英語が上手くならない理由」も収録。

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
    ウイークデーの朝にお届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    プロフィール

    プロフィール

    楊海英

    (Yang Hai-ying)静岡大学教授。モンゴル名オーノス・チョクト(日本名は大野旭)。南モンゴル(中国内モンゴル自治州)出身。編著に『フロンティアと国際社会の中国文化大革命』など <筆者の過去記事一覧はこちら

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

    ※次号は8/18(火)発売となります。

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

    • 2

      「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

    • 3

      バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候補ハリス指名の意味

    • 4

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

    • 5

      「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

    • 6

      李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

    • 7

      日本初のアフリカ人学長が「価値観」を揺さぶられた5…

    • 8

      新型コロナワクチンが開発されても、米国の3人に1人…

    • 9

      相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

    • 10

      ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

    • 1

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

    • 4

      トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

    • 5

      マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

    • 6

      李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

    • 7

      バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

    • 8

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 9

      「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

    • 10

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

    • 4

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 5

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 6

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 7

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 8

      戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

    • 9

      中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

    • 10

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る