Newsweek

楊海英

ユーラシアウォッチ

中国建国70周年の祝賀パレードに登場した、チベット活仏を「俗人化」させた娘

2019年10月17日(木)17時30分

    それでも彼は共産党が破壊した寺院を再建し、後進の育成に当たるなど仏教の復活に尽力した。1989年1月、共産党が破壊した歴世パンチェン・ラマの仏塔を再建しようとチベット西部のタシルンポ寺を訪れたときに急逝した。激務による疲労説と、式典中に共産党を批判したために暗殺されたという説がある。

    中国政府はそれ以降、ダライ・ラマを「宗教の袈裟(けさ)をかぶったオオカミ」だと批判する一方、パンチェン・ラマを「祖国を愛した人士」と称賛してきた。この「愛国人士」が仏教の戒律を破って生まれた女性が、「中華民族の一員」として山車に乗って習近平(シー・チンピン)国家主席の前を行進したのである。

    10世が亡くなった後の1995年5月、ダライ・ラマはインドからチベットに住む6歳の少年をその転生として認定した。しかし、共産党は直ちに少年を拉致し、別の傀儡をパンチェン・ラマ11世に擁立した。現在、この人気のない11世が共産党のためにチベット人に対して「愛国」を呼び掛ける看板となっている。

    世界の亡命チベット人が集まった特別会議が10月初め、インド北部ダラムサラで開かれ、ダライ・ラマ継承の在り方はダライ・ラマ本人が決めると決議した。パンチェン・ラマ10世をめぐり繰り返された共産党の介入を今度こそ拒絶するためだ。

    <本誌2019年10月22日号掲載>

    【参考記事】亡命生活60年となったダライ・ラマ 気がかりな継承者問題と中国「次の一手」
    【参考記事】焼身しか策がないチベット人の悲劇

    20191022issue_cover200.jpg
    ※10月22日号(10月16日発売)は、「AI vs. 癌」特集。ゲノム解析+人工知能が「人類の天敵」である癌を克服する日は近い。プレシジョン・メディシン(精密医療)の導入は今、どこまで進んでいるか。

    プロフィール

    プロフィール

    楊海英

    (Yang Hai-ying)静岡大学教授。モンゴル名オーノス・チョクト(日本名は大野旭)。南モンゴル(中国内モンゴル自治州)出身。編著に『フロンティアと国際社会の中国文化大革命』など <筆者の過去記事一覧はこちら

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

      • 1

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 2

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 3

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

      • 4

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

      • 5

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 6

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 7

        東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

      • 8

        英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

      • 9

        ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

      • 10

        新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 3

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 4

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

      • 5

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 6

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 7

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 8

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      • 9

        自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

      • 10

        宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場