Newsweek

湯川鶴章

湯川鶴章のテクノロジーフィクション

AIで教育を「ど真ん中から変える」Classi加藤理啓氏の思い

2017年12月28日(木)16時30分
    AIで教育を「ど真ん中から変える」Classi加藤理啓氏の思い

    日本の未来を担う子供のために Wittayayut-iStock.

    プロフィール

    プロフィール

    湯川鶴章

    ITジャーナリスト。
    新聞配達から新聞記者になり、ネットメディアの立ち上げなどを経験したあとフリーに。SFならぬ「TF(テックフィクション)」というテクノロジーをベースにした近未来予測が専門。「2歩先の未来を読む」をテーマにした少人数制勉強会TheWave湯川塾を主宰している(http://thewave.teamblog.jp/)。代表的な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:テロ時代の海外旅行

    本誌 最新号

    特集:テロ時代の海外旅行

    人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

    2018年5月 1日号  4/24発売

    人気ランキング

    • 1

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

    • 2

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 3

      ロシアの核魚雷が起こす「放射性津波」の恐怖

    • 4

      「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

    • 5

      朝鮮戦争「終戦協定」は中国が不可欠──韓国は仲介の…

    • 6

      「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

    • 7

      核実験場に消えた政治犯たち...金正恩「被ばく強制労…

    • 8

      進化する人類──素潜り漁のバジャウ族、「脾臓が大き…

    • 9

      日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

    • 10

      中国軍がグアムを標的に軍事演習、太平洋進出を米警戒

    • 1

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

    • 2

      「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

    • 3

      日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

    • 4

      「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

    • 7

      アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

    • 8

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 9

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 10

      キャサリン妃第3子懐妊で、英王位継承順位はこう変わ…

    • 1

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 2

      ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

    • 3

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 4

      金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

    • 5

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

    • 6

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 7

      「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

    • 8

      2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

    • 9

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 10

      整形で「デザイナー・ヴァギナ」を求める女性が急増

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい