Newsweek

湯川鶴章

湯川鶴章のテクノロジーフィクション

「中国はAIでアメリカに圧勝する」──元Google中国支社長

2018年09月25日(火)19時00分
    「中国はAIでアメリカに圧勝する」──元Google中国支社長

    グーグルは世界中にユーザーを持っているが、外国の情報はあまり価値がない。それに比べて中国企業は……metamorworks-iStock.

    <「中国のほうが強い理由の1つは、中国の起業家はAIがビジネスになるデータを地道に集めてモノマネも厭わず努力すること。アメリカ人のように技術革新にはこだわらない」>

    エクサウィザーズ AI新聞から転載

    プロフィール

    プロフィール

    湯川鶴章

    AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

    本誌 最新号

    特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

    中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

    2018年10月23日号  10/16発売

    人気ランキング

    • 1

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

    • 2

      ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

    • 3

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

    • 4

      「現代の奴隷」世界で4600万人、日本も29万人が奴隷…

    • 5

      米中武力衝突の危険高まる、核使用の可能性も──米論文

    • 6

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

    • 7

      ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

    • 8

      人殺しの息子と呼ばれた「彼」は、自分から発信する…

    • 9

      少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

    • 10

      拘留の亡命ウイグル族を釈放 マハティール首相、中…

    • 1

      「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

    • 2

      子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

    • 3

      ボイジャー2号がいよいよ太陽系から離脱しインターステラーへ

    • 4

      ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

    • 5

      スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

    • 6

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 7

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 8

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 9

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 10

      金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

    • 1

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 2

      「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

    • 3

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 4

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 5

      アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

    • 6

      SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

    • 7

      ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

    • 8

      ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい