Newsweek

湯川鶴章

湯川鶴章のテクノロジーフィクション

「元気をもらう」の正体は心臓から出る電磁場 TransTechカンファレンスから

2018年11月30日(金)16時00分

    最近の研究では、心臓が発信するリズムの中に情報が込められており、特に神経やホルモン、電気などの低周波の振動の中に、感情に関する情報が込められている可能性があると指摘されているという。

    心臓が発信する信号で最初に脳に到達するのは電磁波で、次に神経系の信号が8ミリ秒後に到達。血圧の信号は240ミリ後に脳に到達するのだという。また心電図の波の形を継続的に観察すると、微かながら複雑に変化していることが見て取れる。なので心電図の波の形の中にも情報がエンコードされている可能性があるという。

    AIが感情を持つことが可能かどうか。よく議論になるテーマだ。この論文を読む限り、人間の感情には脳以外の身体も大きく関わっており、脳のメカニズムだけを電子回路で真似しただけでは人間の感情のようなものは再現できない、ということが分かる。

    ポジティブな感情が心臓と脳をシンクロさせる

    心臓のリズムと脳のα波は自然とシンクロすることが分かっているが、特に心にポジティブな感情を思い浮かべているときは、心拍のリズムが非常に規則正しくなり、その結果、α波のリズムも心臓にシンクロし、規則正しいものになるという。

    そして心臓と脳波が規則正しくシンクロし始めると、呼吸のリズム、血圧、皮膚の電気信号のリズムなどもシンクロし始める。こうした状態をこの論文の著者は「身体的一貫性」と呼び、身体的一貫性が達成されれば、身体が最も効率よく働き始め、精神的、身体的な様々な恩恵を受けることになるとしている。例えば、毛細血管や細胞組織における液体交換、通過、吸収の効率が向上するほか、心臓血管系の循環ニーズに対する適応能力が向上するという。その結果、免疫力が向上することになる。また認識力が向上し、思考がクリアになり、感情が安定。その結果、幸福度が向上するとしている。

    仏教や武道などで言われる「心身一如」には、この論文が言うところの「身体的一貫性」に通じるところがあるのかもしれない。

    さて身体的一貫性は、睡眠中や深いリラクゼーションの中で達成されることが多く、通常の目が覚めた状態で身体的一貫性に達することはまれだという。

    プロフィール

    プロフィール

    湯川鶴章

    AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ危機後の世界経済

    本誌 最新号

    特集:コロナ危機後の世界経済

    感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

    2020年4月 7日号  3/31発売

    人気ランキング

    • 1

      「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

    • 2

      台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

    • 3

      BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

    • 4

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 5

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 6

      新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

    • 7

      「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

    • 8

      ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

    • 9

      コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

    • 10

      新型コロナウイルス経済対策、現金給付は生活困窮者…

    • 1

      「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

    • 2

      ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

    • 3

      BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

    • 4

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 5

      食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

    • 6

      ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

    • 7

      「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

    • 8

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 9

      新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

    • 10

      台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

    • 1

      一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

    • 2

      日本が新型肺炎に強かった理由

    • 3

      「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

    • 4

      ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

    • 5

      BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

    • 6

      日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

    • 7

      韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

    • 8

      フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

    • 9

      新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

    • 10

      やっぱり日本は終わりだ

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】福島の酪農家、葛藤の9年間