コラム

日本はいちばん門戸が広い? 宇宙飛行士選抜試験を読み解く

2021年11月30日(火)11時25分
宇宙飛行士

体験や成果を外部に伝える表現力・発信力も必要に(写真はイメージです) dima_zel-iStock

<13年ぶりに宇宙飛行士候補者を募集するJAXA──応募資格のうち、学歴と医学的特性を大幅に緩和した意図とは? 各国機関と比較した合格の難易度は?>

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11月19日、13年ぶりに宇宙飛行士候補者の募集要項を発表しました。応募受付は12月20日から来年3月4日までで、エントリーシートによる書類選抜と、0次から3次の選抜試験を行います。

JAXAは日本でただ一つの公的な宇宙飛行士の募集機関です。今回は、国際宇宙ステーション(ISS)や、アメリカの主導で計画を進めている月周回有人拠点「ゲートウェイ」での活躍が期待される人材を若干名採用します。合格者のJAXAへの入社は2023年4月、宇宙飛行士に認定されるのは25年3月頃になる見込みです。

応募条件や試験内容は、前回、宇宙飛行士試験を行った2008年から変更があります。募集要項からJAXAが求める最新の宇宙飛行士像を読み解きましょう。

期待される3人目の女性飛行士

今回の募集のキーワードは、"多様性"と"科学コミュニケーション"です。

まず、応募資格のうち、学歴と医学的特性が大幅に緩和されました。

前回は、応募者は理学・工学など自然科学系の4年制大学卒以上で3年以上の実務経験(大学院の修士号取得者は1年、博士号取得者は3年の経験ありとみなされる)が必要でした。

今回は、学歴は問われず、文系・理系のどちらの人でも応募が可能です。「3年以上の実務経験があること」を求められる部分のみ変更がありません。実務経験は、一般には「社会人経験」を示します。年齢制限はありませんから、中学卒業後、3年間働いた人も応募できることになります。

もっとも、第0次選抜では、英語試験に加えて、大学教養課程程度の一般教養試験と国家公務員採用総合職試験(大卒程度)相当の科学分野の試験が課せられます。学歴や専門分野による制限を撤廃して間口を広くして、試験で実力や適性を判断する態度を徹底するということでしょう。

次に、前回は158~190センチだった身長条件は、149.5~190.5センチになりました。体重や泳力など他の医学的特性の多くも、「身体的特性によって活動が制限される場合がある」「泳力を訓練時に習得する」等の表記になり、応募時の前提条件ではなくなりました。

今回の応募要項には「女性の活躍を推進する」と特記されています。

現在、現役の日本人宇宙飛行士は7名全員が男性です。前回は応募者963名のうち、女性は124名(13%)でした。今回、JAXAは女性応募者が30%になることを目標にしています。

日本人女性の平均身長は158cmです。身長条件の緩和は、身長が足りなくて応募できない女性を減らすための方策とも考えられます。実は、女性の積極的な登用のために「女性枠」を作ることも検討されましたが、宇宙飛行士の採用人数は数名と少ないことから見送られました。けれど、向井千秋さん、山崎直子さんに続く3人目の女性宇宙飛行士誕生が期待されていることは、間違いなさそうです。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

米GM、ミシガン州のEV工場に65億ドル超投資へ=

ビジネス

米政権の経済課題は「現代のサプライサイド経済学」=

ワールド

米、中国航空4社の44便を運航停止 中国の措置に対

ビジネス

英蘭シェル、正式に社名変更 「ロイヤル・ダッチ」外

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 5

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 6

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 7

    今も自然界と人体に「発がん物質」を残す、モンサン…

  • 8

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 9

    「非常に珍しい」双子のアフリカゾウが見つかる

  • 10

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 8

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中