コラム

日本はいちばん門戸が広い? 宇宙飛行士選抜試験を読み解く

2021年11月30日(火)11時25分

さらに、募集要項を見ると、これまで以上に「科学コミュニケーション能力」が重視されることが読み取れます。

たとえば、職務内容には「宇宙開発に関する普及啓発活動」があり、評価する特性には「自らの体験や成果などを外部に伝える豊かな表現力と発信力」が挙げられています。

実際に、最初の関門となるエントリーシートでは、今回は自己PR欄が増加しました。しかも、「A4用紙1枚に、自由形式で自己アピールする。図や写真を使ってよい」と、より個性を表現しやすい形になりました。豊かなプレゼンテーション能力が、高評価を得るための重要ポイントになりそうです。

「40歳以下」が目安に

今回の募集の背景には、日本の現役宇宙飛行士7名の平均年齢が50歳を超えているという事情があります。このままでは、月面活動「アルテミス計画」が本格化する2030年頃には定年退職者が現れ、宇宙飛行士が不足する可能性が高いです(定年後の再雇用制度もあります)。新たな日本人宇宙飛行士の養成は急務であり、今後は5年に1度のペースで募集する方針です。

「宇宙飛行士に応募したいけれど、自分の年齢は高すぎるのではないか?」と気になる人もいるかもしれません。

今回の募集要項には書いていませんが、前回は「(定年が60歳の)JAXAに10年以上勤務が可能であること」という条件がありました。前回は963名の応募者のうち、1次試験合格者は50名、2次は10名で、最終的に3名が宇宙飛行士として採用されました。このうち41歳以上は、1次で1名、2次では0名でした。今回の募集では、様々な項目を緩和して、応募者の間口を広げています。年齢の上限も定められていませんが、「40歳以下」が一つの目安になるかもしれません。

「最も宇宙飛行士になりやすい国」

前回の倍率は321倍、今回はさらに倍率が高まりそうな日本の宇宙飛行士試験ですが、世界的に見ると決して狭き門ではありません。今回の「学歴不問」は、世界にも類をみない条件緩和です。さらに、前回の日本の宇宙飛行士試験と同時期(2008〜9年)に行われた各国の試験の倍率を見てみましょう。

カナダ宇宙庁(CSA)の試験には、5350名が応募して2名が合格しました。倍率は2675倍でした。ヨーロッパ宇宙機関(ESA)の試験には約20カ国から8413名が応募。6名合格なので、倍率は1400倍でした。

アメリカ航空宇宙局(NASA)の試験には約3500名が参加して9名が合格しました。この時の倍率は390倍と日本と同じくらいですが、直近の2020年の募集には12000名以上が応募していて、現在、審査中です。NASAの宇宙飛行士試験合格者は、最も多い時でも14名だったので、倍率は1000倍近くになるでしょう。

こうして見ると、日本は先進国の中で「最も宇宙飛行士になりやすい国」かもしれません。

プロフィール

茜 灯里

作家・科学ジャーナリスト。東京大学理学部地球惑星物理学科、同農学部獣医学専攻卒業。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)、獣医師。朝日新聞記者、国際馬術連盟登録獣医師などを経て、現在、立命館大学教員。サイエンス・ライティング講座などを受け持つ。文部科学省COI構造化チーム若手・共創支援グループリーダー。第24回日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞。デビュー作『馬疫』(光文社)を2021年2月に上梓。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

5月ロイター企業調査:中国のコロナ政策は悪影響、7

ビジネス

5月ロイター企業調査:円安進行で「大規模緩和修正が

ビジネス

スイス中銀は他の中銀の「人質でない」、独自に政策運

ビジネス

米テスラのマスク氏、民主党に決別宣言 「今後は共和

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中