コラム

株式市場には3匹の動物がいる。投資で失敗しないコツとは?

2021年07月14日(水)17時25分
藤野英人

「お金のまなびば!」より

<株式市場において、一生価値が下がらない商品は存在するのだろうか。「絶対に投資で失敗したくない」と思っている人ほど陥りやすい、ひふみ投信の藤野氏が指摘する「株式市場のカモ」の特徴とは>

ひふみ投信シリーズのファンドマネージャーである藤野英人氏と、お金や投資、経済について学んでいくYouTubeチャンネル「お金のまなびば!」

今回取り上げる動画は、「【1000人アンケート①】投資で失敗した原因は?失敗しないコツ」

投資には失敗がつきもので、ファンドマネージャーとして活躍する藤野氏のもとには、投資家からさまざまな嘆きの声が届く。

そこで、誰もが知りたいのが「投資で失敗しないコツはあるのか」ということ。1000人にアンケートを取ったというこの動画でも、「株で損をした」「金融商品が元本割れ」といった回答が並び、「失敗しないコツ」への関心の高さがうかがえる。

本題に入る前に、藤野氏は、株式市場に生息する3匹の動物の話をする。

藤野氏によると、そのうち2匹は牛と熊。株式相場が強気に傾いているか、弱気に傾いているかを表す際に「ブル・ベア」という言葉が使われるが、日本語に訳すとブルは牛(雄牛)、ベアは熊だ。

ニューヨーク証券取引所付近にある巨大な雄牛の銅像は、1987年の株価大暴落(ブラックマンデー)を乗り越えたアメリカ国民の強さを象徴するものとして造られた。なぜなら、牛は敵を攻撃するときに頭を下から上に突き上げるので、「強気」や「勝利」、「株の上昇」を意味するからだ。

一方、熊は手を上から下に振り下ろして戦うことから、「弱気」「株の下落」の象徴として用いられる。

それでは、気になる最後の一匹は?

答えは、カモ。弱そうに見える人につけ込んでお金を巻き上げることを日本語で「カモにする」と言うが、これはカモが捕まえやすい動物であることが由来する。藤野氏によれば、欧米でもカモ(duck)には同じような意味がある。

「株式市場には牛が10%、熊が10%、カモが80%いると言われている。3匹の動物の中でカモにならないことが大事で、そのために必要なのは自分の頭で考えることだ」

投資の失敗例として多いのは、銀行や証券会社の言いなりになってしまったり、複数の投資家の意見を取り入れようとしたりして、自分のスタイルや最終的なゴールを見失うこと。

「信念を持たないで人の言うことに左右されてしまう人は結果的にカモになる。株式市場でエサにされてしまう」と、藤野氏は指摘する。

プロフィール

藤野英人

レオス・キャピタルワークス 代表取締役会長兼社長、CIO(最高投資責任者)
1966年富山県生まれ。国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。投資啓発活動にも注力しており、東京理科大学MOT上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、日本取引所グループ(JPX)アカデミーフェロー、一般社団法人投資信託協会理事を務める。主な著書に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『さらば、GG資本主義――投資家が日本の未来を信じている理由』(光文社新書)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

北朝鮮が飛翔体2発発射、弾道ミサイルと推定と韓国軍

ビジネス

サムスン電子、第4四半期利益は過去4年で最高 供給

ワールド

米、安全保障巡り書面回答 ロシアは新たに軍事演習

ビジネス

米FRBが3月利上げ示唆、インフレ抑制へパウエル氏

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 2

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 3

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性別で分けるべきか?

  • 4

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 5

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 6

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 7

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 8

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 9

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 10

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中