コラム

笑顔と経済の密接な関係 マクドナルドが実践する「0円の投資」とは?

2021年11月25日(木)16時15分
鴨頭嘉人

「お金のまなびば!」より

<元マクドナルド店長の鴨頭嘉人氏は、1回300万円もの講演を年間330回行うという講演家。「作り笑顔にこそ価値がある」と言うが、笑顔は何を生み出すのか>

鴨頭嘉人氏は、ハンバーガーチェーン大手マクドナルドの元店長。32歳のときに最優秀店長として表彰された実績を活かし、1回300万円もの講演を年間330回行うという売れっ子のYouTube講演家だ。

ひふみ投信シリーズのファンドマネージャー、藤野英人氏との対談で、2人は「笑顔と経済」について語り合った( YouTubeチャンネル「お金のまなびば!」より)。

マクドナルドと言えば「スマイル0円」の広告がおなじみだが、鴨頭氏は「改めて考えるとすごい広告。『笑顔』という、本当はとても価値のあるものを初めて世に知らしめた」と評する。

鴨頭氏によると、全店同一のメニューやシステムを確立するマクドナルドにおいて、「店員がどれだけイキイキと働いているか」は各店舗の売り上げと密接に結びつくことがデータに表れている。

このことから、店長の仕事の中で最も評価されるのは「スタッフの笑顔を作れる店長かどうか」。アルバイトスタッフの笑顔を引き出す方法は大きく2種類に分かれるそうだ。

ひとつは、笑顔を強要する方法。もうひとつは、店長自身が笑顔で「おはよう」「頑張っているね」などの声掛けを行う方法だ。前者はますますスタッフの顔が引きつる悪循環に陥るが、後者は店長からスタッフ、顧客へとさらに笑顔が広まっていくという好循環を生み出す。

顧客の店やスタッフに対する信頼が積み重なることで、店の評価や売り上げが向上し、その結果、店長も評価されて年収がアップする。サービス業だけでなく、すべての業界において、人の心を明るくする行動は経済を好転させる力を秘めているというわけだ。

鴨頭氏はこのことを「笑顔のペイフォワード(ある人物から受けた親切を、また別の人物への新しい親切でつなぐこと)」と表現した。

fujino20211125-kamogashira-2B.jpg

「お金のまなびば!」より

「感じがいい人」は、誰が見ても感じがいい

藤野氏によると、あるコンビニチェーンの覆面調査には、「店員の笑顔は素敵か」という項目があった。素敵かどうかは調査員の主観によるのではないか......と疑問に思って尋ねると、「実はこれが売り上げに最も比例しているんです」との答えが返ってきたそうだ。藤野氏は言う。

「『感じがいい人』は、誰から見ても感じがいい。主観的だが、実はバラつきが少ない要素だ」

プロフィール

藤野英人

レオス・キャピタルワークス 代表取締役会長兼社長、CIO(最高投資責任者)
1966年富山県生まれ。国内・外資大手資産運用会社でファンドマネージャーを歴任後、2003年にレオス・キャピタルワークスを創業。日本の成長企業に投資する株式投資信託「ひふみ投信」シリーズを運用。投資啓発活動にも注力しており、東京理科大学MOT上席特任教授、早稲田大学政治経済学部非常勤講師、日本取引所グループ(JPX)アカデミーフェロー、一般社団法人投資信託協会理事を務める。主な著書に『投資家みたいに生きろ』(ダイヤモンド社)、『投資家が「お金」よりも大切にしていること』(星海社新書)、『さらば、GG資本主義――投資家が日本の未来を信じている理由』(光文社新書)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

仏ロ首脳協議、マクロン氏はプーチン氏の意向見極めへ

ワールド

EXCLUSIVE-中国証券当局、外銀幹部と会合 

ワールド

国連人権高等弁務官の新疆訪問を歓迎、調査ではない=

ビジネス

伊ウニクレディト、21年決算は予想上回る 第4四半

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体供給でついに決断を求められる

  • 3

    ビットコイン長期保有者、ついに「利確」開始か...オンチェーン分析で明らかに

  • 4

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 5

    映画界に変革をもたらした『マトリックス』、18年ぶ…

  • 6

    新曲の一部? BTSのVが聞き慣れない曲を口ずさむ動画…

  • 7

    「極太アナコンダに漁師が襲われている!」訳ではない

  • 8

    角を切られ、30回手術を受けたサイが野生に戻される

  • 9

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 10

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 1

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 2

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 3

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 4

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 7

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 8

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 9

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 10

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    キム・カーダシアン、また「写真修正」疑惑 「脚どうした?」「影は嘘をつかない」

  • 4

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 5

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 6

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 9

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 10

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中