コラム

ラジオを聴かない奴はなぜ馬鹿か

2021年06月30日(水)14時52分
スマホでラジオを聴くイメージ

まだ知性を残す貴重なラジオなのに、リスナーは減る一方 milindri-iStock.

<ワイドショーやYouTubeに毒され、知的レベルが下がる一方の日本人を救えるのはラジオしかない>

衝撃的なニュースが飛び込んできた。6月15日、全国47局のラジオ局のうち44局が2028年までにFMに移行すると発表したのである。これによって、首都圏でも著名なTBSラジオ、ニッポン放送、文化放送などは少なくともあと7年程度で完全にFM局となる。思えば私の人生の中で、はじめて「レギュラーコメンテーター」を任されたのはTOKYO FMの報道番組だった。現在ではこの番組自体が終了しているが、民放AM各局が足並みをそろえてAMを捨て、FM局に移行するというのは驚天動地の驚きである。

しかし、ラジオ関係者はこれを概して好機として捉えているようだ。AMは言うまでもなく長波である。長波はその周波数の特性がゆえに広大な聴取圏を持ち、これであるから日本海側の各県では北朝鮮のAMラジオが聞けたほどである。私は生粋のラジオっ子であった。中学の時からTBSラジオの深夜番組にハマり、『伊集院光深夜の馬鹿力』(当時)を毎週欠かさずエアチェックしていた。

関西の大学で大学生活を送るようになると、関西はTBSラジオの聴取圏外だったが、淀川の河川敷に出れば車載AMのアンテナを最大に貼って東京からのTBSラジオ放送を雑音交じりに受信できた。長波はその可聴範囲が広い反面、AM波を遮蔽する山岳地帯の反対側や、大都市部であってもビルの谷間などに俗にいう「難聴取地帯」が現出する。

「radiko」の誕生

これを補完する目的で建設されたのがワイドFM局である。AMとFMの違いは、ラジオ波の周波の山ぼこが違う事で、AMは長距離に飛ぶが遮蔽物に弱い。FMは短距離にしか飛ばないが強力なので遮蔽物に強い。だからFMではクリアーな音質で音楽が聴ける。こういう特徴があった。

このラジオ界の勢力を一変させたのは、サイマル放送である「radiko」の誕生である。NHKを除く民放の殆どがこのradikoに加盟し、それまで各聴取者在住の圏域でしか聞けなかったAM・FMラジオが、有料会員になればどこでも過去1週間にさかのぼって聞けるようになった。例えば沖縄在住者が東京のラジオを、東京在住者が北海道のラジオを聞けるようになった。アーカイブ機能も付いたので、テレビ地上波ともまったく毛色の違う大メディアが出現した。

radikoの登録者数は2021年現在で約1000万人に達し、なかでも有料会員は70数万人に達している。この有料会員数は、日本経済新聞デジタル版の有料会員とほぼ同じ登録者数で、最早ラジオは無料の知的媒体から有料の知的媒体になりつつある。こういったことも踏まえて、AMラジオは一斉にFM化を図ったのだろう。AM放送送信のためにかかる送信塔の維持コストがもやは馬鹿にならないとしての判断でもあった。

プロフィール

古谷経衡

(ふるや・つねひら)作家、評論家、愛猫家、ラブホテル評論家。1982年北海道生まれ。立命館大学文学部卒業。2014年よりNPO法人江東映像文化振興事業団理事長。2017年から社)日本ペンクラブ正会員。著書に『日本を蝕む極論の正体』『意識高い系の研究』『左翼も右翼もウソばかり』『女政治家の通信簿』『若者は本当に右傾化しているのか』『日本型リア充の研究』など。長編小説に『愛国商売』、新著に『敗軍の名将』

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アムネスティ、香港事務所閉鎖へ 国安法で「自由な活

ワールド

サウジ、中東グリーン・イニシアチブ立ち上げ 域内の

ビジネス

劉鶴副首相が米財務長官と電話会談、経済状況など協議

ワールド

韓国GDP、第3四半期は前年比+4.0%に鈍化 消

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 2

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 5

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 8

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡…

  • 9

    アップルカー、中国企業に振られる? EV電池調達でパ…

  • 10

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    小惑星帯にある42個の天体が画像でとらえられる

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中