コラム

五輪に投影された日本人の不安は、どこから来たものだったのか

2021年09月10日(金)15時05分

そんな時代の人間を体現するのが、シェークスピアが1601年頃に執筆した『ハムレット』の主人公だ。彼は全ての真実を疑って自身の判断だけに頼り、生きる目的を求めてもがき、無意味で空虚だと見なした人生に対する唯一の解決策として自殺を考える。

「個人」の称賛と孤立、伝統的権威の失墜、相対主義と疑念の拡大に対して、文化や宗教、さらに人間自身は繰り返し抵抗してきた。

多くの国で暴徒が非人間的な機械を破壊し、「不信心者」は爆殺され、哲学者や経済学者や預言者は魂のない物質的世界を打破すべく、解釈と解答を編み出してきた。

だが何をもってしても、解き放たれた個人の理性の力や、知識や力の増大の条件にして結果でもある疑念を止めることは不可能だ。人生の方向性を見失い、伝統や社会的つながりと切り離された場合に付き物の不安も......。

1853年に黒船と共に「近代」が来航して以来、日本は文化的津波を何度もくぐり抜けてきた。あらかじめ定められた社会的宿命に縛られることは、ほとんどなくなった。だが自由とは、方向性や居場所、目的の喪失をも意味しかねない。

日本の運命はアメリカや中国、新たな経済的・科学的プロセスといった外部からの作用によって大きく形作られる。日本にとって異質なものや慣行が、日本生まれのものと同じく日本人の生活に影響を与える。

それでも、現代主義は個人を重視するにもかかわらず、日本社会では今も同調性が重んじられる。

この両極に引き裂かれることを回避する方法の1つが、文字どおり引きこもることだ。さもなければ、日本社会の大半と同じく、孤立と矛盾が招く不安にさいなまれかねない。

「引きこもり」からの脱出

断絶的で革新的な現代化という勢力を前に、引きこもりが世間に背を向ける一方で、ジハーディストやトランプ支持者は暴力で抵抗する。

だがいずれの反応も、彼らが逃避や撃退を図る本質的現象の副産物にすぎない。従来の手法を打ち砕き、現状を破壊し、個人を中心に据えるにもかかわらず孤立させる現代化にはどうやってもあらがえない。

日本は「全てに可能性があり、一方で確実なものは何もない」ポストモダン社会に変貌している。そこでは同調をよしとする伝統的価値観が、現代的な個人の概念と衝突する。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

中国恒大、6日期限の社債利払いできず=関係筋

ワールド

カナダ、ワクチン接種義務化対象を銀行・通信セクター

ビジネス

供給網制約と半導体不足、少なくとも来年半ばまで継続

ビジネス

米貿易赤字、10月は17.6%減の671億ドル 輸

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中