ニュース速報

ビジネス

コロナ後の金融・財政:緩和政策の転換、「前向きの好循環」再現が条件=桜井前日銀委員

2021年06月18日(金)10時17分

日銀前審議委員の桜井真氏はロイターとのインタビューで、日米経済が明確にコロナ前の水準に戻るには2024年ごろまでかかる可能性が高いとし、黒田総裁の任期中は少なくとも現行のイールドカーブ・コントロール政策が継続するとの見通しを示した。写真は都内の日銀本店で2016年9月撮影(2021年 ロイター/Toru Hanai)

木原麗花、和田崇彦

[東京 15日 ロイター] - 日銀前審議委員の桜井真氏はロイターとのインタビューで、日米経済が明確にコロナ前の水準に戻るには2024年ごろまでかかる可能性が高いとし、23年4月までとなっている黒田東彦総裁の任期中は少なくとも現行のイールドカーブ・コントロール(YCC)政策が継続するとの見通しを示した。緩和政策の転換には、日本経済が17―18年ごろに経験した「所得から支出への前向きの好循環」が再現されることが条件になると述べた。

<ワクチン接種の進捗に不透明感>

桜井氏は日本経済について、新型コロナウイルスワクチン接種に想定より時間がかかっていることもあり「若干回復が遅くなるリスクがある」と述べ、接種のスピードやその影響についての見極めは9、10月までかかるとの見通しを示した。米経済については、雇用の回復が鈍る一方でインフレが想定より加速していると指摘。不確実性の高さから「日米経済がはっきりとコロナ前の水準に戻るのは2024年ごろではないか」と述べた。

日本では輸入物価中心の上昇がいずれ消費者物価指数を押し上げるが、そうした形での物価上昇は「日本の企業行動が変わったり、適合的な期待形成が変化したわけではなく喜んでもいられない」との見方を示した。

<マイナス金利深掘り、条件は「リーマン級の危機」>

桜井氏は、3月に実施し自身も決定に関わった日銀の政策点検について「バランスシートを大きくすることなく、緩和環境を維持することができるようになったのはひとつの進歩」と述べた。上場投資信託(ETF)の買い入れを再開するのは「マーケットが荒れたときだけだろう」とみている。

長期金利の変動幅を明確化した後も取引が縮小する債券市場については「金利の上限をぴたっと決めてしまい、かえって動きにくくなっているのかもしれない」と指摘。日米の金利に動きが出るにはもう少し時間がかかるとし、債券市場の活性化へさらなる修正が必要かを検討するのは「まだ早すぎる」と述べた。

YCCの下、日銀は日銀当座預金の政策金利残高にマイナス0.1%のマイナス金利を適用している。桜井氏は、マイナス金利の副作用を軽減するために導入された三層構造などの工夫によって、現行政策は「実質ゼロ金利政策と解釈している」と述べ、現行の金利水準が「ある程度長期間、今の枠組みが継続できるぎりぎりの水準」とした。

日銀は3月の政策点検で、金融仲介機能に配慮しながら機動的にマイナス金利の深掘りを行うため「貸出促進付利制度」を導入した。桜井氏は、追加緩和手段としてのマイナス金利の深掘りは「数カ月といった一時的な措置であれば構わないが、何年も継続すると確実に金融システム問題になる」とし、「リーマン・ショックのような危機が来ない限りないだろう」と語った。

<期待成長率の変化に目配りを>

桜井氏が政策転換の条件に挙げる「所得から支出への前向きの好循環」が見られた17―18年当時は、物価が伸びない一方で経済が好調に推移する中、期待成長率が「はっきり変わっていた」と指摘。企業が設備投資の判断をする際、国内外マーケットの成長期待が大きく影響することを踏まえ「期待物価上昇率は大事だが、(日銀は)期待成長率もよく見た方がいいのではないか」と述べた。期待成長率が高い製造業と、現在は弱い対面サービス業を合算した平均値が「ある程度回復したとき、前向きの好循環が実現するかもしれない」と語った。

黒田総裁の異次元緩和は需給ギャップの改善による物価上昇と、大規模な緩和により予想インフレを押し上げることを目指しているが、予想インフレは弱い状態が続く。

正常化のプロセスでは、日銀が大量に保有しているETFのオフバランス化を「どこかで考えないといけないだろう」とし、その際は「日銀を含めステークホルダーが皆、損をしないような仕組みにすべき」との見解を示した。具体的な方策については「高齢化社会の資産運用にうまく使えるシステム」など「いくらでも知恵は出てくるだろう」と指摘した。

桜井氏はエコノミスト出身で、2016年4月から21年3月まで日銀審議委員を務めた。黒田総裁とは年齢が近いこともあり、経済理論や歴史など金融政策以外の共通の話題が多く「本音ベースで互いに語り合っていた」という。

このインタビューは14日に実施しました。

(木原麗花、和田崇彦 編集:田中志保)

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

FRB副議長、23年の利上げ開始支持 「インフレリ

ビジネス

米ISM非製造業指数、7月は64.1に上昇 過去最

ビジネス

米NYタイムズのデジタル購読、第2四半期は3年ぶり

ビジネス

米雇用、来夏までにコロナ前回復=セントルイス連銀総

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2021年8月10日/2021年8月17日号(8/ 3発売)

免疫学者から歌舞伎役者、ユーチューバーまで世界が認めた日本の天才・異才・鬼才100人

人気ランキング

  • 1

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 2

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 3

    「反マスク派」ポスターを剥がした女性、仕込まれていたカミソリで負傷

  • 4

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「…

  • 5

    誰にも聞こえない周波数で歌う世界一孤独な「52ヘル…

  • 6

    火星の深部構造が探査機インサイトからのデータで判…

  • 7

    気候変動の影響で地球の自転軸がずれた──最新研究

  • 8

    中国発の大ヒットSF小説『三体』に秘められた中国的…

  • 9

    高級ホテルのWi-Fiはなぜ危険? 北朝鮮ハッカーの手…

  • 10

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が成功しない訳

  • 3

    恐竜絶滅時に起きた高さ1500mの津波 その痕跡がアメリカの地下に眠っていた

  • 4

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だ…

  • 5

    ドラァグクイーンと子供のふれあいイベントが抗議殺…

  • 6

    福山雅治ほどの温厚な人を怒らせた「3つのスイッチ」とは

  • 7

    パリ五輪ロゴの出会い系アプリ激似説がネットで再燃

  • 8

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 9

    大江千里がアメリカで感じた東京五輪の空虚さと違和感

  • 10

    女子陸上短距離ジョイナーの「伝説と疑惑の世界記録…

  • 1

    東京五輪、中国人バド選手が韓国ペアとの試合中に「罵倒」連発で騒動に

  • 2

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 3

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 4

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世に…

  • 5

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 6

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 7

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 8

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    いくら太陽光発電所を作っても、日本の脱炭素政策が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中