ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は大幅反発、米株高を好感し500円高

2021年10月26日(火)12時02分

26日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比500円16銭高の2万9100円57銭と大幅に反発した。写真は2020年10月、東京証券取引所で撮影(2021年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

[東京 26日 ロイター] - 26日午前の東京株式市場で、日経平均は前営業日比500円16銭高の2万9100円57銭と大幅に反発した。米株高を好感する形で2万9000円を回復。朝方に高く始まった後も、好調な企業業績や景気拡大への期待を背景に高値圏での堅調な推移が続いた。

前日の米国株式市場は主要3株価指数が上昇。企業決算を好感した買いが株価の下支えとなり、ダウ工業株30種とS&P総合500種は過去最高値更新となった。

日本株は、米株高の流れを受けて反発してスタートした。その後も幅広く買われ、この日の高値圏でしっかりと推移。好調な企業業績や景気拡大への期待感が相場を支援し、景気敏感株や外需関連株の上昇が目立った。

米連邦公開市場委員会(FOMC)を控える中でダウやS&Pが高値を更新していることを踏まえ、このところ警戒されてきた米金利上昇の動きについて「悪い金利の上昇との懸念は和らいできているのではないか」と、しんきんアセットマネジメント投信の藤原直樹運用本部長は指摘する。

日本株は割高感は強まっておらず、十分に上昇余地はあると藤原氏はみるが「目先は衆院選やFOMCを控えており、様子見になりやすい。一気に3万円を超えるような上昇は難しいのではないか」という。

TOPIXは1.20%高で午前の取引を終了。東証1部の売買代金は1兆2897億7500万円だった。東証33業種は全業種が上昇。上昇率上位には鉄鋼、情報・通信業、輸送用機器などが並んだ。

トヨタ自動車やソニーグループといった主力株が堅調に推移。日経平均への寄与度の大きいファーストリテイリングやソフトバンクグループも上昇。米フィラデルフィア半導体指数(SOX指数)の上昇を受けて、東京エレクトロンやアドバンテストといった半導体関連株も買われた。NTTも高かった。

東証1部の騰落数は、値上がりが1788銘柄で全体の81%となった。値下がりは294銘柄、変わらずは101銘柄だった。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

サウジ記者殺害事件の容疑者1人、仏空港で拘束

ワールド

仏、新型コロナ入院患者数が急増 今年2番目の増加幅

ビジネス

米銀幹部、インフレ高進を懸念 FRB緩和縮小加速へ

ワールド

オミクロン、軽症だが今後より多くの変異誘発も─ファ

MAGAZINE

特集:真珠湾攻撃・日米開戦80年 戦争の記憶

2021年12月14日号(12/ 7発売)

キャスターとして戦争を伝えてきた櫻井翔が、海軍士官として戦没した大伯父の最期を追う

人気ランキング

  • 1

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続ける大型トラック

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 6

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 7

    スペースXに「紛れもない破産リスク」 イーロン・マ…

  • 8

    恒大集団の本拠地・深圳で不動産仲介業者が苦境 市場…

  • 9

    パワーカップル世帯の動向──コロナ禍でも増加、夫の…

  • 10

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 4

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 5

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 6

    【動画】乗用車を引きずりながら、高速道路を走り続…

  • 7

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 8

    A・ボールドウィン誤射事件、インタビューで深まった…

  • 9

    「時計の針を10年進めた」...本田圭佑がカンボジアで…

  • 10

    中2で起業、高1で母校を買収した女性起業家が考える理…

  • 1

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 2

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 3

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 10

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中