ニュース速報

ビジネス

NY外為市場=国債利回り低下でドル軟調、利上げ観測が下支え

2022年01月20日(木)07時13分

ニューヨーク外為市場では、米国債利回りの低下に連動してドルが弱含んだ。2009年11月、コロラド州で厚栄(2022 年 ロイター/Rick Wilking/File Photo)

[ニューヨーク 19日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、米国債利回りの低下に連動してドルが弱含んだ。ただ米連邦準備理事会(FRB)が3月にも利上げに踏み切るとの観測の中、ドルは引き続き底堅く推移している。

米10年債利回りはこの日の取引で一時1.902%と2年ぶりの高水準を付けたものの、終盤の取引では1.8271%と、4ベーシスポイント(bp)低下した。

英国立統計局(ONS)がこの日に発表した2021年12月の消費者物価指数(CPI)は前年比5.4%上昇で約30年ぶりの大幅上昇となった。イングランド銀行(英中央銀行)の来月の追加利上げを後押しする可能性がある。

マネックスUSA(ワシントン)のシニア外為トレーダー兼ストラテジスト、フアン・ペレス氏は「各国中央銀行は、物価上昇ペースが昨年第4・四半期に必ずしも減速しなかったとの証拠に直面している」と指摘。FRBは25─26日の連邦公開市場委員会(FOMC)で量的緩和(QE)の終了に関する詳細を提示し、QE終了直後と予想される3月にも利上げに着手する姿勢を示す可能性がある。

フェデラル・ファンド(FF)金利は3月に利上げが実施される確率、および年内に合計4回の利上げが実施される確率が共に100%であることを示す水準にある。

終盤の取引で主要6通貨に対するドル指数は0.2%安の95.528。

米商務省が朝方発表した21年12月の住宅着工件数(季節調整済み)は年率換算で前月比1.4%増の170万2000戸と市場予想(165万件)に反し増加し、昨年3月以来9カ月ぶりの高水準となった。これを受け、ドルは下げ幅を縮小する場面もあった。

ユーロは対ドルで0.2%高の1.1348ドル。ドイツ10年債利回りが19年以降で初めてプラス圏に一時浮上したことが支援要因になった。

ただ対英ポンドでは一時1年11カ月ぶりの安値を付けた。

英ポンドは対ドルで0.2%高の1.3624ドル。英2年債利回りが0.958%と、18年3月以来の高水準を付けたことも支援要因になった。

カナダドルは対米ドルで0.2%高。カナダ統計局が発表した12月の消費者物価指数(CPI)は前年比4.8%上昇と、30年ぶりの高い伸びを記録した。

ドル/円 NY終値 114.32/114.35

始値 114.48

高値 114.54

安値 114.22

ユーロ/ドル NY終値 1.1341/1.1344

始値 1.1336

高値 1.1356

安値 1.1334

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米でコロナ感染増、CDCは50歳未満への4回目接種

ワールド

NZ、今年度の財政赤字は予想より小幅に 黒字化は後

ワールド

中国上海、企業の通常業務再開拡大へ ゼロコロナ地域

ビジネス

独VWのヨーロッパカー買収、EUが無条件で承認へ=

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中