ニュース速報

ビジネス

ヤマトとJAL、空輸で宅配便配送 ドライバー問題と貨物需要に対応 

2022年01月21日(金)19時23分

 1月21日、宅配便最大手のヤマト運輸を傘下に持つヤマトホールディングスと日本航空(JAL)は、宅配便の国内物流網の強化に向けて、首都圏からの長距離輸送で貨物専用機の運航を2024年4月から始めると発表した。写真はJAL航空機。シドニーで昨年11月撮影(2022年 ロイター/Loren Elliott)

[東京 21日 ロイター] - 宅配便最大手のヤマト運輸を傘下に持つヤマトホールディングスと日本航空(JAL)は21日、宅配便の国内物流網の強化に向けて、首都圏からの長距離輸送で貨物専用機の運航を2024年4月から始めると発表した。ヤマトグループが機体をリース導入し、JALグループが運航を担う。

ドライバーの不足や労働環境が問題となっている陸運業界では、24年4月からドライバーの時間外労働時間の上限が年960時間に制限され、長距離トラックの輸送力確保や代替手段の検討が課題となっている。大雨や大雪、地震などによる物流網寸断リスクへの対応も求められている。電子商取引の利用も増えている中、ヤマトは新たな輸送手段として貨物専用機を活用し、輸送力の安定的な確保やサービス品質の維持向上を図る。

航空業界では、新型コロナウイルス感染拡大の影響で旅客需要は激減している一方、航空貨物の需要は増加。貨物専用機を保有するANAホールディングスは旅客の落ち込みを補うことができているが、JALは貨物専用機を持っておらず、旅客機の床下貨物スペースの利用にとどまるため、旺盛な貨物需要を取り込めずにいた。国内線では長期的な人口減少の影響も懸念され、貨物供給力が課題となっていた。

空輸の対象は、首都圏(昼間は成田、夜間は羽田)から北海道(新千歳)、九州(北九州)、沖縄(那覇)への長距離輸送。エアバス製の中古旅客機を貨物専用機に改修した3機をヤマトグループがリース導入する。ヤマトの投資額は非公表。JALグループは運航委託費を受け取り、グループの格安航空会社ジェットスター・ジャパンが運航を担う。1機当たりの最大搭載重量は28トンで、10トントラックで約5─6台分に相当する。

ヤマト運輸の梅津克彦、JALの岩越宏雄の両執行役員がこの日会見した。ヤマトの梅津氏は貨物専用機を利用することで「(宅配便の)価格がアップすることはない」と述べ、「空と陸の掛け算をしっかり目指したい」と語った。JALの岩越氏は「まずは国内線から始め、今後の需要動向次第では(この機体で飛行可能な)近距離アジア路線を視野に入れたい」と語った。

*写真を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ロシア、ウクライナに次世代レーザー兵器投入=ボリソ

ワールド

サリバン大統領補佐官、楊潔チ氏と電話会談 安全保障

ワールド

ロ・ウクライナ、和平交渉の停滞巡り批判合戦

ワールド

ロシア、ウクライナ投降兵らの動画公開 「食事や治療

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 4

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 5

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    ロシア軍、地上戦力の3分の1を失った可能性──英国防省

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    『はじめてのおつかい』がアメリカで巻き起こした大…

  • 10

    「すぐつなげ」「すぐつなげ」「すぐつなげ」苦情な…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 7

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 8

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中