コラム

「気を使うし、退屈」ママ友との会話が苦手な私は変ですか?

2021年08月17日(火)20時00分

PHOTO ILLUSTRATION BY SLATE. PHOTO BY HENGLEIN AND STEETS/ISTOCK-GETTY IMAGES PLUS-SLATE

<ここ1年はママ友付き合いがなくなって正直ホッとしているのですが、コロナ禍が収まったらまた顔を合わせると思うと憂鬱です>

Q:息子(今は3歳です)が生まれたとき、私たち夫婦には子育ての話ができる相手がいませんでした。親やきょうだいとは訳あって距離を置いているし、友達はまだ子供がいない人がほとんど。もともと私は男友達と気兼ねなく付き合うほうが好きなタイプでしたが、子供ができたので母親仲間とも積極的に付き合おうと思いました。でも、公園などでの母親同士のおしゃべりはひどく気を使うし、退屈です。子育てについて聞かれて、下手なことを言うと批判されたり嫌みを言われたり、地雷を踏みそう。

ここ1年はコロナ禍でママ友付き合いがなくなり、正直ホッとしています。夫も在宅ワークが気に入っているし、夫婦共通の男友達とも生活時間帯が重なるようになって、オンラインで気軽に大人の会話を楽しめます。

コロナ禍が収まったら、親同士で時間を取り決めて子供を遊ばせる「プレイデート」や誕生パーティーなどで、またママ友と顔を合わせると思うと憂鬱です。息子が大きくなれば状況は好転しますか。私はおかしいのでしょうか。息子の友達付き合いをじゃませず、ママ友付き合いをパスしたいのですが。

──ママ友が苦手なママ

プロフィール

スレート誌人生相談員

育児や家庭生活から人間関係、セックスまで、誰にも言えないあらゆる悩みに米作家やライターが答えます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は大幅反発、米株高を好感し500円高

ビジネス

米テスラの時価総額1兆ドル超え、マスク氏には何重も

ビジネス

「新しい資本主義実現会議」が初会合、11月上旬に緊

ビジネス

イエレン米財務長官、中国副首相とマクロ経済など協議

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 2

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 5

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 8

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡…

  • 9

    アップルカー、中国企業に振られる? EV電池調達でパ…

  • 10

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    小惑星帯にある42個の天体が画像でとらえられる

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中