コラム

イギリスでコロナ禍がむしばんだもの

2021年10月05日(火)14時15分

今やNHSはまともに機能せず、医師の予約は取りづらくて対面での診察すら受けられない(写真は昨年6月にマスクなどを着けて対面で診療するイギリスの医師) Daniel Leal-Olivas/Pool/REUTERS

<世界に誇るイギリスの寛大なODAや労働者保護、医療システムなどが、パンデミックのせいで損なわれている>

新型コロナウイルスは数々の形で世界を変えた。その中には、パンデミック(世界的大流行)以前は僕自身も喜ばしく感じていたし、イギリス人の誇りにすらなっていたような事柄の変化も含まれている。

1つがODA(政府開発援助)だ。僕は以前にイギリスが並外れて寛大なODA拠出者であり、ブレグジット(EU離脱)のイギリスが決して「世界に背を向けている」わけではない「証拠」として述べただけに、このODA問題について指摘しておかなければならない。イギリスは以前はODAで世界をリードしていた。国民総所得(GNI)比0.7%の目標を達成していたG7唯一の国だったのだ。それが今年は、0.5%に削られた。

ロックダウン(都市封鎖)や自宅待機で財政が大損害を被ったから、ほぼ間違いなく、これは政府にとって「やむを得ない」ことだった。だがそれでもODAカットは残念であり、他の経済大国の上をいっていた理想をイギリスが放棄してしまったことの表れでもある。今や、イギリスは比較的寛大な国々の「うちの1つ」に成り下がってしまった(そしてODA予算は少なくとも現政権の政策だけに基づいているわけではない)。

次に気になるのは、英政府が国民保険料を4月から1.25ポイント引き上げたことだ。こちらにもちゃんとした理屈がある。高齢化が深刻な問題になっているなかで、高齢者介護の資金を確保しようというのだ。

でもこの方針は、イギリスを「あまり稼がない人にとって暮らしやすい国」にすることを狙った英政府の政策に反しているから、僕は懸念を覚える。これまでの方針によって、低所得者の税金は極端に低くなり、実際のところ、より多くの労働者が税金を払っていなかった。

国民保険は「不公平」な税金

英保守党を批判する人々は彼らを「金持ちの党」と言うが、保守党は労働者階級にも根強い支持基盤を持つ。多くの労働者階級の人々は保守党を(金持ちか貧しいかに関わらず)「努力家の味方」の党だと見ているからだ。この10年で、イギリスでは人々の税引き前の手取り収入の総額はかなり上がった。僕がイギリスに帰国した2010年には「課税最低限度額」は6475ポンドだったが、今ではほぼ倍の1万2570ポンドになっている。この間に最低賃金は着実に上昇してきた。

それはつまり、ごく低スキルの仕事でも妥当な賃金が支払われるようになったということ。最低レベルの仕事、たとえば実習生には所得税はかからないし、1週間に2日しか働けない人なら税金を払わなくていいし、1万2570ポンド以下の収入の人には課税されないから、所得が低ければほんのわずかな税金しか課されない。これは、貧しくスキルの低い人々が、たとえ大した収入を得られないにしても、とにかくなんとしても仕事をしようと思える強い原動力になっていた。

だが、国民保険は、名前を変えた所得税の一形態のようなもので、国民保険料が引き上げられるということは、最も貧しい人からカネを取ることになる。これは、最貧者の税負担を軽減して勤労を後押ししようとする長年の傾向に反している。

これは賃金のみにかかる税金だから、腹立たしいことに投資で生活している富裕層は影響を受けない。今日の最貧層は、自分たちよりずっと裕福であろう高齢者の介護のためにカネを支払うことになるわけだから、「不公平」な税金でもある。それに、貧しい人々は寿命が短い傾向にあるから、その恩恵を受けられない可能性もある。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

物価巡り企業行動はかなりアクティブ、注目している=

ワールド

米ロ外相、ウクライナ問題を協議 「今日の解決見込ま

ビジネス

仏トタルエナジーズ、ミャンマー撤退を決定 人権状況

ワールド

NZ軍艦、トンガに到着 水など支援

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:2024年の全米動乱

2022年1月25日号(1/18発売)

次期大統領選で再びトランプが敗北すれば、100万人規模の怒れるアメリカ人が武装蜂起するリスクが

人気ランキング

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かんでいる 3次元でマップ化

  • 3

    おまけ狙いの爆買い男性に106食分を売った中国ケンタッキー、当局から正式に怒られる

  • 4

    消えた陸地、火山灰に覆われた滑走路... 衛星写真で…

  • 5

    オタク活動に注意? 芸能人を好きになり過ぎると「知…

  • 6

    飼い主に高速連続パンチを見舞う子猫 ネット民から…

  • 7

    日本の元セクシー女優、フィリピンに遊びに行ったら…

  • 8

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 9

    北京五輪には自前のスマホを持ち込むな、米加が選手…

  • 10

    北京五輪参加者に忍び寄る肛門PCR強制の恐怖

  • 1

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 2

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 3

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわしい人にあげて欲しかった」と、被害者の遺族は言う

  • 4

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 5

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 6

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

  • 7

    通りすがりの女性に救われた子猫は「とんでもない場…

  • 8

    英スーパー、ソーセージを成人用として販売 客は年…

  • 9

    動物界一の酒豪、ハムスターの強さは別格

  • 10

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 7

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 8

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 9

    「賃貸か、持ち家か」議論の答えは出ている

  • 10

    米人気モデル、「露出し過ぎ」な服装で空港に現れて…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中