コラム

イギリスでコロナ禍がむしばんだもの

2021年10月05日(火)14時15分

最後の懸念は、イギリスの国民保険サービス(NHS)についてだ。欠点はあるものの、NHSはかなりまっとうで民主的。富める者も貧しい者も、重い病気にかかったり手術が必要だったり脚の骨を折ったり、単に抗生剤が必要なときは、医師の診察を受けて1ペニーも払わずに治療をしてもらえる。費用がかかるのは処方薬の代金だけ(それも同じ薬を市販薬で買うのよりかなり安い)。

多くの人々がNHSの愚痴を言うが、心の奥ではNHSの利点をよく理解している。たとえば、富裕層でさえカネを払ってNHS以外の自由診療を受けるのはあまり意味がないと思っているくらいだ。国外で病気になり、NHSで費用の心配をせずに信頼できる治療を受けたいからと、わざわざイギリスに帰国してきた人も何人も知っている(僕もその1人だった)。

残念ながら、パンデミックの負担増大によってNHSは今やほとんど機能していない。僕は以前に医師の診察予約がなかなか取れなかった話を書いたことがある。珍しくもなければ極端でもない事例だから、イギリス人相手ならあんな出来事は話そうとも思わない。百回以上もリダイヤルし続けてそれでも診察予約が取れないと言う話は日常的に耳にする。

癌の治療が延期に次ぐ延期になったり、診察を逃したなどという、もっと深刻な話もよく聞く。ここ1年以上、医師と「対面で」診察を受けたという人はほとんどいない。ほとんどがZoomか電話診療で、特に高齢者は安心できないことだろう。

パンデミックの間に人々は、感染拡大を防ぎ「NHSを守る」ためにステイホームを、と呼びかけられた。今になって人々は疑問を口にし出している。NHSは私たちを守ってくれるはずじゃなかったのか?

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

マリウポリのウクライナ兵959人投降、米は大使館再

ワールド

今年のスペイン成長予想は4%前後に、中銀が下方修正

ビジネス

機械受注1─3月は前期比3.6減、非製造業に弱さ 

ビジネス

貿易収支、4月は9カ月連続の赤字 資源高で輸入過去

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中