コラム

経済ニュース超解説 加谷珪一
経済ニュース超解説 加谷珪一

ついに始まった事業者のEV大転換...自動車産業の「改革」も待ったなしに

<運送業者が相次いでEV導入を発表。すべての面でガソリン車を上回るEVが、自動車産業そのものにも構造改革を迫る> 運送大手の佐川急便が宅配業

2021.04.27
経済ニュース超解説 加谷珪一

台頭する中国に対抗する「強いアメリカ」、バイデンのインフラ投資で実現できるか

<バイデン政権の巨額インフラ投資計画は、「21世紀版ニューディール政策」ともいうべき重要な意味を持つ> アメリカが巨額の財政出動に邁進してい

2021.04.22
経済ニュース超解説 加谷珪一

日本の中途半端なミャンマー政策 世界からは中国と同一視されかねない

<ミャンマーの高度経済成長を支えたのは日本と中国の積極投資だが、クーデターにより決断が迫られている> ミャンマー情勢が混迷を極めている。アメ

2021.04.13
経済ニュース超解説 加谷珪一

メルカリに続き楽天も中国IT大手と提携 「日中EC融合」で何が起きる?

<楽天と日本郵便の大型提携というニュースに隠れ、消費市場で着々と進む「日中の一体化」は何をもたらすか?> 楽天と日本郵政が資本・業務提携に踏

2021.04.06
経済ニュース超解説 加谷珪一

タンス預金が100兆円を突破! 「現金好き」はどんどん損する時代に

<現金・預金をこよなく愛する日本人だが、コロナ禍で加速するその習性が今後は自らの首を絞めることに> 日本の家計が保有する金融資産が2000兆

2021.03.30
経済ニュース超解説 加谷珪一

中小企業になりたがる大企業 「減資」はズルいのか?

<JTBや毎日新聞、外食チェーンなど、資本金を減らして中小企業化するケースが相次いでいるが、問題の本質はどこにあるのか> コロナ危機による業

2021.03.24
経済ニュース超解説 加谷珪一

「超大国化」を堂々宣言した中国に、日本は取り込まれるしかないのか

<全人代で公表された5カ年計画からは、超大国として世界に君臨する野心が明らか。世界一の経済大国という「隣国」と日本はどう向き合うか> 中国で

2021.03.16
経済ニュース超解説 加谷珪一

中国人民元が基軸通貨になり得るこれだけの理由

<人民元が米ドルに代わる基軸通貨になるには2要件を満たす必要があるが準備は着実に進んでいる> 中国がデジタル人民元の大規模な実証実験を開始す

2021.03.10
経済ニュース超解説 加谷珪一

インフレの条件は(ほぼ)整った──投資家たちは何を懸念している?

<急激な長期金利の上昇への警戒感が強まっている。インフレが起きるメカニズムと現状を読み解くと......> 金融市場においてインフレが強く懸

2021.03.10
経済ニュース超解説 加谷珪一

ファミマが開く「金融・新時代」の扉──銀行は生き残れるのか

<ファミリーマートの「ファミペイ翌月払い」と「ファミペイローン」で、金融業界の地殻変動がいよいよ本格化> コンビニ大手のファミリーマートがス

2021.03.04

MAGAZINE

特集:韓国ドラマ&映画 50

2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

人気ランキング

  • 1

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 2

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 3

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

  • 4

    死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

  • 5

    メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

  • 6

    アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

  • 7

    コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

  • 8

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 9

    ジョークから生まれた仮想通貨ドージコインの時価総…

  • 10

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 1

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

  • 2

    かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

  • 3

    パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

  • 4

    話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

  • 5

    はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

  • 6

    オーストラリアで囁かれ始めた対中好戦論

  • 7

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

  • 8

    「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

  • 9

    コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

  • 10

    ハッブル宇宙望遠鏡打ち上げから31周年、2万光年離…

  • 1

    メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

  • 2

    「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

  • 3

    親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

  • 4

    ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

  • 5

    韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

  • 6

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 7

    ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

  • 8

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 9

    知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

  • 10

    脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
「韓国ドラマ&映画50」SNSキャンペーン 売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中