コラム

日韓を読み解く 金 明中
日韓を読み解く 金 明中

最低賃金の日韓逆転は遠くない?──2022年は両国とも引き上げを決定

<片や韓国は文在寅大統領が性急過ぎる引き上げで雇用悪化を招いたと謝罪してペースを落としたが、日本はもっと引き上げが必要だ> 7月13日と14

2021.07.23
日韓を読み解く 金 明中

異常な人口減少で韓国は「消滅」する?

<出生率が「1」を下回るのは戦争などよほどの異常事態といわれるが、韓国ではその「異常事態」が3年続いて回復の兆しが見えない> 韓国の合計特殊

2021.07.09
日韓を読み解く 金 明中

韓国政治は若返りが主要な争点に

<若者が若い指導者を望んでも、「大統領は40歳以上」という規定と中高年世代の抵抗に阻まれてきた。だが最大野党の代表に36歳の李俊錫が選ばれた

2021.07.02
日韓を読み解く 金 明中

韓国で今「女性徴兵論」が流行る理由

<出生率の低下で、国防に要する人員が質量ともに不足しているから、というのは表向きの理由で、裏には若い男性の不満と、彼らに取り入ろうとする与野

2021.06.28
日韓を読み解く 金 明中

韓国最大野党「国民の力」に36歳の若大将が選ばれた背景は?

<国政の経験も組織も派閥もない李俊錫が最大野党の代表に選ばれ、既得権益の上にあぐらをかいていた古い韓国政界に激震> 韓国の保守系最大野党「国

2021.06.22
日韓を読み解く 金 明中

高年齢者雇用安定法の改正と70歳現役時代の到来

<定年後も70歳まで現役で働く時代がやってきた。雇用する側とされる側にはどんな準備が必要か> 2021年4月から「改正高年齢者雇用安定法1」

2021.05.31
日韓を読み解く 金 明中

なぜ韓国の若者は仮想通貨に熱狂するのか?

<文政権の下、不公正と格差が拡大した韓国で、仮想通貨は唯一逆転のチャンスになってしまっているからだ> 韓国では仮想通貨に対する若者の関心が高

2021.05.28
日韓を読み解く 金 明中

なぜ文政権の支持率は低下し続けるのか?

<スキャンダル続きでワクチンの確保もできない文政権に国民の半数以上が「鬱憤」を感じている> 文政権の支持率低下の傾向が鮮明になってきている。

2021.04.26
日韓を読み解く 金 明中

韓国で不動産価格が高騰し続ける理由

<文在寅の支持率が就任以来最低に下落した背景には不動産価格の高騰があると言われる。コロナ禍で景気も悪いのになぜこうなったのか> 韓国ではこの

2021.03.29
日韓を読み解く 金 明中

文政権の支持率低下と新型コロナウイルス対策の関係は?

<文在寅大統領が残り少ない任期期間にK防疫に専念せざるを得ない理由が統計で明らかになった> *このコラムの内容は筆者個人の見解で、所属する組

2021.03.17

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウイルスが発見される

  • 3

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    毛玉のお化け、安楽死を逃れ生まれ変わる

  • 6

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 7

    ワクチンが怖い人にこそ読んでほしい──1年でワクチン…

  • 8

    【英国から見る東京五輪】タイムズ紙は開会式を「優…

  • 9

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 10

    知らぬ間に進むペットのコロナ感染 感染者と同居の…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 5

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 9

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中