コラム

韓国における新型コロナワクチン接種が加速、接種開始7日目で累計接種者数が22.5万人を超える

2021年03月05日(金)21時11分

韓国政府はこれまでCOVAX配分量1000万人分、アストラゼネカ社1000万人分、ファイザー社1300万人分、米モデルナ社2000万人分、米ノババックス社2000万人分、ベルギーのヤンセン ファーマ社600万人分、計7900万人分のワクチンを契約で確保していると発表している。但し、他の国でもワクチンを確保するための競争が広がっており、今後ワクチンが適時に供給されない可能性もあるだろう。

2番目の理由としては両国のワクチン接種の対象者が現時点で異なる点が挙げられる。日本の場合3月4日時点のワクチン接種の対象者はワクチンの「先行接種」に事前同意している医療従事者約4万人に制限されている。一方、韓国は療養施設の入所者や従事者、そして医療従事者など対象者の範囲が日本より広く、現時点では日本よりワクチンの接種者数が多いと考えられる。

2月から量産開始

3番目の理由としては、韓国はファイザーワクチンなどの新型コロナウイルスワクチン接種のために使われる特殊型注射器4000万本を1月末に契約完了し確保した。日本はこの注射器を適時に確保できなかった。通常の注射器では1瓶で5回しか接種できないが、この特殊型注射器を使用すると6回接種できる。韓国の医療機器メーカーはこの特殊注射器の量産を2月からスタートさせ、3月からは生産量を月2000万個まで増やす計画である。

とはいえ、今後ワクチンの対象者が段階的に拡大されると日本でも韓国以上にワクチンの接種が行われると考えられる。なぜなら日本のワクチン確保量は1億5700万人分で韓国の7900万人分を大きく上回っているからである。

但し、より効率的にワクチンを接種するためには特殊注射器の不足問題を解決する必要がある。ワクチンとともに特殊注射器が安定的に供給されるようになれば、新型コロナウイルスの脅威から国民の健康をより守ることができるようになるだろう。また、安全性が少しでも担保されることによって、日本にとって重要な位置を占めるオリンピック開催に一歩近づくことができるだろう。

日本のマスコミによると、日本政府はすでに新型コロナワクチン接種用の特殊注射器約8千万本を韓国に購入要請しているそうだ。筆者としては韓国政府が日韓関係の改善のために、また日本のオリンピックの成功的な開催のために韓国の医療機器メーカーが開発・生産している特殊注射器を無条件で日本に供給することを望む。両国の大事な命を守るために両国が協力する必要性が益々高まっていることを日韓の政治家らがぜひ理解していただきたい。

プロフィール

金 明中

1970年韓国仁川生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科前期・後期博士課程修了(博士、商学)。独立行政法人労働政策研究・研修機構アシスタント・フェロー、日本経済研究センター研究員を経て、2008年からニッセイ基礎研究所。日本女子大学現代女性キャリア研究所客員研究員、日本女子大学人間社会学部・大学院人間社会研究科非常勤講師を兼任。専門分野は労働経済学、社会保障論、日・韓社会政策比較分析。

ニュース速報

ワールド

イラン大統領に反米・保守のライシ師、無効票で抵抗す

ワールド

訂正-カナダ、不要不急の渡航禁止を7月21日まで延

ビジネス

テスラ元幹部ギレン氏、10日以降に2.74億ドル相

ワールド

国連総会、ミャンマーへの武器流入阻止呼び掛ける決議

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 5

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 10

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 8

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中