コラム

文大統領の「3.1演説」の注目点と日韓関係における東京オリンピックの重要性

2021年03月04日(木)13時41分

記念式で韓国の国家である「愛国歌」を歌う場面では、東京オリンピックに参加する予定の韓国代表たちが1人ずつ登場し、「愛国歌」を歌う姿が中継された。東京オリンピックへの参加協力や大会の成功を願う趣旨ではないかと考えられる。

3番目は2019年と2020年の演説に続き、慰安婦や元徴用工に関する直接的な言及を避けて、今後日本政府と対話をしながら日韓関係を改善したいという意思が表明された点である。文大統領は「韓国政府はいつでも日本政府と向かい合って話を交わす準備ができています。易地思之(立場を変えて考えること)の姿勢で頭を突き合わせると過去の問題でも、いくらでも賢明に解決できると確信します。日韓両国がコロナで打撃を受けた経済を回復し、より強固な協力でポストコロナ時代の新しい秩序を一緒に作っていくことを願います」と述べながら、対立よりは日韓協力の必要性を強調した。

4番目はK防疫の成果を直接・間接的にアピールしながら、今後もK防疫を中心にコロナ対策を推進していくという韓国政府の意志を示した点である。支持率下落の原因にもなったワクチン確保に問題がないことを強調しながら、国民に対してはワクチン不信を助長するフェイクニュースを警戒することやワクチン接種に積極的に協力してほしいことを呼びかけた。

東京オリンピックを意識

最後は、日米韓の協力を強調した点である。文大統領は演説で「(日韓)両国の協力は両国双方にとって役に立ち、北東アジアの安定と共同繁栄に役立ち、韓・米・日の3か国協力にも役立つはずです」と述べた。このように日米韓の協力を強調したのは、今後北朝鮮との対話を再開するためにはアメリカや日本の協力が欠かせないと判断したためであるだろう。

今回の「3.1独立運動」の記念式や文大統領の演説は東京オリンピックを強く意識したと考えられる。つまり、韓国政府は東京オリンピックを通じて日本との関係を改善すると共に、北朝鮮との対話を再開したいという考えを持っているということだろう。

IOCのトーマス・バッハ会長は、1月27日に行われた理事会で予定通り2021年7月23日に東京オリンピックを開幕すると改めて強調しており、日本政府も開催に積極的な立場を見せている。東京オリンピックの聖火リレーが予定通り3月25日に実施されると、その後日韓関係は大きく改善される可能性がある。東京オリンピックが日韓関係の改善に大きな役割をすることを期待するところである。

プロフィール

金 明中

1970年韓国仁川生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科前期・後期博士課程修了(博士、商学)。独立行政法人労働政策研究・研修機構アシスタント・フェロー、日本経済研究センター研究員を経て、2008年からニッセイ基礎研究所。日本女子大学現代女性キャリア研究所客員研究員、日本女子大学人間社会学部・大学院人間社会研究科非常勤講師を兼任。専門分野は労働経済学、社会保障論、日・韓社会政策比較分析。

ニュース速報

ワールド

イラン大統領に反米・保守のライシ師、無効票で抵抗す

ワールド

訂正-カナダ、不要不急の渡航禁止を7月21日まで延

ビジネス

テスラ元幹部ギレン氏、10日以降に2.74億ドル相

ワールド

国連総会、ミャンマーへの武器流入阻止呼び掛ける決議

MAGAZINE

特集:ルポ 武漢研究所のウソ

2021年6月22日号(6/15発売)

新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

人気ランキング

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 4

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 5

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 10

    ディズニー映画から「本物の悪役」が姿を消したのは…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 3

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷彿とさせる透明性の欠如

  • 4

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 8

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

  • 9

    病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 5

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中