コラム

移動寿命の延伸に寄与 免許返納後の生活を支える「シニアカー」の可能性

2021年08月13日(金)19時00分
シニアカー

シニアカーの最高時速は6キロ。免許はいらない(写真はイメージです) Togapix-iStock

<一般的な移動手段として浸透すれば、「足」に困る高齢者だけでなく、介護・送迎を担う家族や若者にとっても救いとなる>

池袋の暴走事故後、介護保険適用前に自費でシニアカーを購入する人が増えている。シニアカーの製造・販売・レンタルなどを手掛けるセリオによると、以前は介護保険でシニアカーをレンタルする人が多かったが、最近では免許返納をしないといけないため、家族が探して自費で買う人が増え、新たなマーケットができたという。

「免許を返納すると移動手段がない」

バスの廃線が問題となり、一部の都市部を除けば移動手段の選択肢がクルマ以外になくなってしまっている。免許返納後の移動手段として自転車を検討する高齢者が多いが、体力が落ちてから自転車へとスライドするのは簡単なことではない。メディアではいろいろな最先端のパーソナルモビリティが登場しているように見えるが、法整備は進まず、量産化や販売ネットワークの構築もできていないため、ほとんど生活者には届かない。家族の付き添いが要らず、高齢者が自由に遠くまで出掛けられる移動手段は、実はシニアカーくらいなのだ。

道路交通法上は「歩行者」

シニアカーは「ハンドル形電動車いす」といって、電動車いすの一つだ。電動車いす安全普及協会によると、電動車いすには大きく分けて「介護用」と「自操用」の2種類がある。「介護用」は文字通り病院や施設などで見かける電動車いすで、介護を行う際に介護者の負担を軽減するために作られている。「自操用」は、高齢者ら本人が操作して移動するためのものだ。

「自操用」も自操用標準形、自操用ハンドル形、自操用簡易形の3つに分けられる。自操用標準形は片手でジョイスティックレバーを操作して乗るタイプで、最近よく見かけるようになったWHILL(ウィル)はこの部類に入る。自操用ハンドル形は、自転車やバイクのように両手でバックミラーのついたハンドルを握って操作する。自操用簡易形は手動の車いすに電動ユニットを取り付けた電動車いすで、片手でジョイスティックを操作する。電動車いすは、道路交通法上は「歩行者」扱いとなり、クルマなどの運転免許は不要で、歩道を走行することができる。ナンバープレートや駐車場もいらない。

プロフィール

楠田悦子

モビリティジャーナリスト。自動車新聞社モビリティビジネス専門誌『LIGARE』初代編集長を経て、2013年に独立。国土交通省の「自転車の活用推進に向けた有識者会議」、「交通政策審議会交通体系分科会第15回地域公共交通部会」、「MaaS関連データ検討会」、SIP第2期自動運転(システムとサービスの拡張)ピアレビュー委員会などの委員を歴任。心豊かな暮らしと社会のための、移動手段・サービスの高度化・多様化とその環境について考える活動を行っている。共著『最新 図解で早わかり MaaSがまるごとわかる本』(ソーテック社)、編著『「移動貧困社会」からの脱却 −免許返納問題で生まれる新たなモビリティ・マーケット』(時事通信社)、単著に『60分でわかる! MaaS モビリティ革命』(技術評論社)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

石炭火力の発電比率、できる限り下げていきたい=松野

ワールド

原油価格は小幅安、持続的な上昇後一服商状

ワールド

米大統領補佐官、ミャンマー民主派と会談 支援継続伝

ワールド

アムネスティ、香港事務所閉鎖へ 国安法で「自由な活

MAGAZINE

特集:DXで復活する日本の製造業

2021年11月 2日号(10/26発売)

デジタル技術による「カイゼン」がものづくり産業と職人頼みの現場を変える

人気ランキング

  • 1

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 2

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    巨大コンテナ船が米東海岸に... IMF、成長率予測を5…

  • 5

    ビットコイン過去最高値、オンチェーン分析で見えた…

  • 6

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 7

    日本抜き「新クアッド」発足、笑うのはインド

  • 8

    A・ボールドウィンに「弾は入っていない」と銃を渡…

  • 9

    アップルカー、中国企業に振られる? EV電池調達でパ…

  • 10

    中国の衛星が3月に軌道上で突然分解......その理由が…

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    カモメを水中に引きずり込むカワウソの衝撃映像

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    インドネシア、バド国際大会19年ぶり優勝でも国旗掲揚…

  • 5

    日本のコロナ感染者数の急減は「驚くべき成功例」─英…

  • 6

    世界一白い塗料がギネス認定 98%の太陽光を反射、…

  • 7

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 8

    ヴィンランド・サガ? ヴァイキングがコロンブスよ…

  • 9

    地面に信号! 斜め上を行く韓国の「スマホゾンビ」…

  • 10

    小惑星帯にある42個の天体が画像でとらえられる

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 7

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 8

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 9

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 10

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中