コラム

「世界一自転車フレンドリーな都市」コペンハーゲンに学べること

2021年11月26日(金)19時15分
コペンハーゲンの自転車のある風景

コペンハーゲンでは、安心して自転車に乗れる道路づくりが徹底されている Ole Schwander-iStock

<クルマや公共交通を使うよりも自転車の方が便利。各国の政策担当者が学びに訪れるコペンハーゲンの自転車政策とは>

数ある移動手段の中でも、まったくCO2を排出しない移動手段は徒歩や自転車に限られる。2025年にカーボンニュートラルを目指すデンマークは、その一つの目玉として自転車の活用を据えている。

オリンピックで自転車を活用するフランスのパリやオランダが着目されるが、デンマークの首都コペンハーゲンは世界でもっとも日常生活に自転車を活用した街づくりをしている都市だ。

現地の専門家によると、CO2削減が叫ばれる中、自転車用のインフラを整備したり、推奨するキャンペーンを展開しているという。

各国から政策担当者らが学びに来る

自転車問題に取り組む人々の間で大事にされている指標を「コペンハーゲン化指数(Copenhagenize index)」と言う。2年おきに調査が行われ、自転車フレンドリーな街のランキングが発表される。

調査が始まった2011年のランキングを見ると、1位はアムステルダム、2位がコペンハーゲン、3位バルセロナ、4位ベルリン、5位東京、6位ミュンヘン、7位パリ、8位モントリオール、9位ダブリン、10位ブダペストとなっている。

2019年には1位にコペンハーゲン、2位がアムステルダム、3位ユトレヒト、4位アントワープ、5位ストラスブール、6位ボルドー、7位オスロ、8位パリ、9位ウィーン、10位ヘルシンキとなっており、東京は16位と順位を落としている。

このランキングを見ると分かるように、コペンハーゲンとアムステルダムが競り合っており、2015年と2017年にもコペンハーゲンに軍配が上がっている。

kusuda211126_copenhagen_2.jpg

筆者撮影

アムステルダムとも違う

コペンハーゲンには各国の政策担当者が自転車政策を学びにやってくる。

デンマークの自転車政策のノウハウを世界に共有することを目的に活動する、デンマーク・サイクリング・エンバシーは毎年約1週間にわたってコペンハーゲンで「バイカブルシティマスタークラス」という集中講義を行っている。都市開発とサイクル計画、政治プロセス、サイクリングスーパーハイウェイとグリーンサイクルルート、交通安全および事故の削減、子供へのサイクル教育、公共交通との連携、都市デザインなど体系的に学ぶことができる。

筆者が参加した2018年は、スイス、ドイツ、イギリス、スペイン、シンガポール、アメリカ、フランス、チリ、オーストラリアなどの政策担当者らがコペンハーゲンに集まった。

プロフィール

楠田悦子

モビリティジャーナリスト。自動車新聞社モビリティビジネス専門誌『LIGARE』初代編集長を経て、2013年に独立。国土交通省の「自転車の活用推進に向けた有識者会議」、「交通政策審議会交通体系分科会第15回地域公共交通部会」、「MaaS関連データ検討会」、SIP第2期自動運転(システムとサービスの拡張)ピアレビュー委員会などの委員を歴任。心豊かな暮らしと社会のための、移動手段・サービスの高度化・多様化とその環境について考える活動を行っている。共著『最新 図解で早わかり MaaSがまるごとわかる本』(ソーテック社)、編著『「移動貧困社会」からの脱却 −免許返納問題で生まれる新たなモビリティ・マーケット』(時事通信社)、単著に『60分でわかる! MaaS モビリティ革命』(技術評論社)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米最高裁リベラル派のブライヤー判事退任へ=報道

ワールド

米、ロシアに安全保障巡る回答文書提示 国務長官「真

ビジネス

WTO、中国による対米相殺関税を承認 米は非難

ビジネス

カナダ中銀、金利0.25%に据え置き 近い将来の利

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:あぶない超加工食品

2022年2月 1日号(1/25発売)

脳の快感回路にダイレクトに響く「不自然な食品」は食品業界の福音だが、消費者には病気の源?

人気ランキング

  • 1

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 2

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 3

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子の赤ちゃん

  • 4

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 5

    ジャスティン・ビーバーの高級車コレクション、1台20…

  • 6

    1円で売却された米空母キティホーク、解体に向け最…

  • 7

    ニッポンのリタイヤしたオジサンたちが次々と感染す…

  • 8

    男の子は幼児期から「ガラスのハート」 子育ては性…

  • 9

    日本経済は「貯蓄があるから大丈夫」...勘違いする人…

  • 10

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相…

  • 1

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可能性

  • 2

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸ばす、正しい「声かけ」の方法

  • 3

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総なめしているワケ

  • 4

    「渡航禁止の解除を」WHO勧告を無視する日本とオミク…

  • 5

    なぜネコは1日じゅう寝ているのでしょう?

  • 6

    キャサリン妃の服装は、メーガン妃の「丸パクリ」!? …

  • 7

    「2人にしか分からない言葉」で夜な夜な戯れ合う双子…

  • 8

    閲覧注意:インパラを丸呑みするニシキヘビの衝撃映像

  • 9

    知ってた? 太陽系は「巨大な泡」の真ん中に浮かん…

  • 10

    米中の間で「いいとこ取り」してきた韓国が、半導体…

  • 1

    飛行中のステルス爆撃機が「グーグルマップ」に映り込んでいた

  • 2

    外国人同士が「目配せ」する、日本人には言いづらい「本音」

  • 3

    コロナ感染で男性器の「サイズが縮小」との報告が相次ぐ、「一生このまま」と医師

  • 4

    空手がアラブで200万人に広まったのは、呑んだくれ日…

  • 5

    ブタの心臓を受けた男に傷害の前科──「もっとふさわ…

  • 6

    1000年に1度のトンガ大噴火、これでは終わらない可…

  • 7

    部屋を「片付けなさい」はNG 子供の自己肯定感を伸…

  • 8

    日本のコロナ療養が羨ましい!無料で大量の食料支援…

  • 9

    早老症のユーチューバーが15歳で死去

  • 10

    『ドライブ・マイ・カー 』がアメリカの映画賞を総な…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中