コラム

アマゾンとグーグルの相違点を「経営」から探って分かること

2017年12月15日(金)17時09分

さらに、グーグルの元CEOで現在は持ち株会社であるアルファベット社会長のエリック・シュミット氏が書いた『How Google Works(ハウ・グーグル・ワークス)』(日本経済新聞出版社)は、同社とアマゾンとの相違点を理解するうえでも注目の1冊である。

「事業は常に業務プロセスを上回るスピードで進化しなければならない。だからカオスこそが理想の状態だ。そしてカオスの中で必要な業務を成し遂げる唯一の手段は、人間関係だ。社員と知り合い、関係を深めるのに時間をかけよう」(同書)。人間関係をつくり部下を成長させるためにも、グーグルが1 on 1を重視している姿勢が表れている記述である。

同書には「イエスの文化を醸成する」という項目もあり、アマゾンの「Disagree and Commit」(「妥協せず議論し、決まったらコミットする」)とは違う企業文化が醸成されていることがわかる。

その一方で筆者が注目したのは、シュミットによるこの『ハウ・グーグル・ワークス』の中に、「ベゾスのピザ2枚のルール」という項目があることだ。グーグルでもアマゾンと同様に、実際の業務においては小さなチームで仕事をすることが生産的であると考えているのである。

「組織の構成単位は小さなチームであるべきだ。アマゾン創業者のジェフ・ベゾスはかつて『ピザ2枚のルール』を提唱していた。一つのチームは、ピザ2枚で足りるぐらいの規模にとどめなければならない、という意味だ。小さなチームは大きなチームより多くの仕事を成し遂げることができ、内輪の駆け引きに明け暮れたり、手柄が誰のものになるのか思い悩むことも少ない」(同書)

意思決定と権限委譲は経営の生命線

なお、「ベゾスのピザ2枚のルール」については、ベゾスが崇拝しているハーバード・ビジネススクールのクレイトン・クリステンセン教授が『イノベーションのDNA』(翔泳社)のなかでも、まさに「イノベーションのDNA」の事例として紹介されている。

「自身も非凡な実験者であるベゾスは、アマゾンで実験のプロセスを制度化し、社員が新しい製品やプロセスを追求して、あえて袋小路に入り込むことを奨励している。誰でも創造性を発揮できるという信念のもとに、チームを小さく保ち、社員に仕事を任せたという意識と責任感をもたせていく。ベゾスはアマゾンでピザ2枚のチームというルールをつくった。チームはピザ2枚でちょうどお腹がふくれるくらいの少人数(6人から10人)でなくてはならない」(同書)

社員全員に対して1人ひとりが自律的に自分自身にリーダーシップを発揮することを求めているアマゾン。1 on 1を重視し、部下が最大の成果を上げるための環境づくりができる人をマネジャーに求めているグーグル――。「リーダーシップ×マネジメント」のあり方や企業文化は異なるものの、小さなチームで成果を上げていくという点が一致していること、クリステンセン教授も「イノベーションのDNA」として評価していることは注目に値するだろう。

プロフィール

田中道昭

立教大学ビジネススクール(大学院ビジネスデザイン研究科)教授
シカゴ大学ビジネススクールMBA。専門はストラテジー&マーケティング、企業財務、リーダーシップ論、組織論等の経営学領域全般。企業・社会・政治等の戦略分析を行う戦略分析コンサルタントでもある。三菱東京UFJ銀行投資銀行部門調査役(海外の資源エネルギー・ファイナンス等担当)、シティバンク資産証券部トランザクター(バイスプレジデント)、バンクオブアメリカ証券会社ストラクチャードファイナンス部長(プリンシパル)、ABNアムロ証券会社オリジネーション本部長(マネージングディレクター)等を歴任。『GAFA×BATH 米中メガテックの競争戦略』『アマゾン銀行が誕生する日 2025年の次世代金融シナリオ』『アマゾンが描く2022年の世界』『2022年の次世代自動車産業』『ミッションの経営学』など著書多数。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

世銀、食料安全保障に300億ドル拠出へ ウクライナ

ワールド

中国がカナダ2社のカノーラ種子輸入規制解除 3年ぶ

ビジネス

テスラ車絡む今月の死亡事故、米当局が運転支援機能巡

ワールド

米でコロナ感染増、CDCは50歳未満への4回目接種

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 5

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 6

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    【映像】ショーの最中、荒れ狂うイルカがトレーナー…

  • 9

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 10

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中