Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2021.9. 7号(8/31発売)

特集:テロリスクは高まるか

2021年9月 7日号(8/31発売)

Cover Story

米軍撤退目前のアフガニスタンで自爆テロ ── タリバンの恐怖政治と「グローバル・ジハード」の行方は

アフガニスタン 「恐怖政権」タリバンとは何者か
■タイムライン 「帝国の墓場」アフガンの歴史
視点 アフガン、混迷の元凶は
テロ対策 空港テロが突き付けた現実
外交 タリバンとロシアの危うい友好関係

テスラの自動運転に調査のメス

自動車 「オートパイロット」に関する無謀な戦略を米当局は改めさせるべきだ
【Periscope】
AFGHANISTAN 米・タリバンが反ISで共闘する日
CHINA 「みんなで豊かに」の裏に潜むまやかし
UNITED STATES 新NY州知事が守ったクオモとの距離感
GO FIGURE アフガン難民を受け入れる国はどこ?
【Commentary】
英国 イギリスを悩ます持ち家階級格差──コリン・ジョイス
主張 気候変動対策に国家エゴは邪魔──ヨシュカ・フィッシャー
米外交 バイデンの大使人事が絶妙な訳──サム・ポトリッキオ
風刺画で読み解く「超大国」の現実 「いいこと」ずくめのアフガン撤退──ロブ・ロジャース&パックン
経済ニュース超解説 為替相場に表れない「悪い円安」 ── 加谷珪一
人生相談からアメリカが見える 夫の実家から夫の遺産を守りたい
その言葉への違和感 それは「大人の対応」じゃない ── 望月優大
森達也の私的邦画論 黒木和雄的ドキュメンタリー映画論 ── 森達也
【World Affairs】
米社会 ワクチンパスポートへの根拠なき反論
告別 伝説を生み出したドラムに別れを
【Features】
ディベート 現在の気候変動は本当に危機的?
追悼 テレビショッピングをつくり上げた男
【Life/Style】
Music 「懐かしさ」から脱却するL・ブリッジズ
Drama LGBTQの豊かな物語をゼロから作り直す
Books 人気コメディエンヌが書くコロナ泣き笑い記
Health 暑い夜、裸で快適睡眠のススメ
Art 環境破壊に警鐘を鳴らすアート作品への旅
My Turn 私が「反ワクチン」の投稿をやめた理由
【Departments】
Perspectives
In Focus
Picture Power 「人間」を伝え続けたカメラマンの死
News English & Letters
外国人リレーコラムTokyo Eye (実は)世界を制する日本製漢方薬 ── 周来友

MAGAZINE

特集:ドキュメント 中国撤退

2021年10月19日号(10/12発売)

規制と圧力、そして始まる新・文化大革命 見切りをつけた外国企業にいよいよ撤退の兆し?

人気ランキング

  • 1

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 2

    岸田首相はDappi疑惑を放置して衆院選を戦うのか

  • 3

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女性を狙う、猛スピードの男

  • 4

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 5

    現地取材:中国から外国企業が「大脱出」する予兆が…

  • 6

    ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー…

  • 7

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 8

    中国不動産バブルの危険度を、さらに増幅させる3つの…

  • 9

    再生可能エネばかりを重視したヨーロッパがはまった…

  • 10

    日本の秋の風景とは少し趣が違う? 世界各地の「紅葉…

  • 1

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽光の反射が低下

  • 2

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を歴史で読み解く

  • 3

    モデルナ製ワクチンで重い副反応を経験した大江千里が、それでも3回目を接種する理由

  • 4

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

  • 5

    銀河系の中心方向から謎の電波源が検出される

  • 6

    中国進出の日本企業は、極めて苦しい立場に立たされ…

  • 7

    防犯カメラが捉えた「あわや」の瞬間 深夜帰宅の女…

  • 8

    「ワクチン反対」の投稿をきっぱりやめ、自身も接種…

  • 9

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブ…

  • 10

    緑地、易居、花様年、当代置業......中国・恒大集団…

  • 1

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの水着ブランドが炎上

  • 2

    中国バブルは崩壊する、だがそれは日本人が思うバブル崩壊ではない

  • 3

    イギリス人から見た日本のプリンセスの「追放劇」

  • 4

    中国製スマホ「早急に処分を」リトアニアが重大なリ…

  • 5

    イチャモン韓国に、ジョークでやり返す

  • 6

    【独占インタビュー】マドン監督が語る大谷翔平「や…

  • 7

    アイドルの中国進出が活発だったが、もう中国からは…

  • 8

    地球はこの20年で、薄暗い星になってきていた──太陽…

  • 9

    なぜ中台の緊張はここまで強まったのか? 台湾情勢を…

  • 10

    「ナチュラルすぎる自撮り」で人気者のゴリラ、親友…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中