コラム

カタルーニャ地方選挙で独立運動はこうなる(5つのシナリオ)

2017年12月21日(木)11時50分

morimoto171221-2.jpg

10月、独立の賛否を問う住民投票に並ぶ有権者にスペイン治安部隊が暴力を振るった投票所。地面には、当日の有権者の足跡と投票箱が描かれ、「ここで票を投じる」という言葉が添えられている。12月21日のカタルーニャ地方選挙でも使用される Photograph by Toru Morimoto

そうなればプッチダモンは、ブリュッセルか、かつてカタルーニャの一部だった現フランス領ぺルピニャンで「亡命政府」を樹立する。現にペルピニャンでは、フランス系カタルーニャ人たちが村の住宅約50軒を亡命政府のために準備しているという。バルセロナ市は現在も「合法政府はプッチダモンの政府」との見解を示す。

スペイン国内のカタルーニャは中国のチベットのような位置付けになる。亡命政府の存在が、逆に国内の独立運動に対する圧力を強化させてしまい、政治的権力のない独立派市民が国内に取り残される可能性がある。そして独立運動は泥沼化へ向かうだろう。

2.EUが仲介

独立派勝利にもかかわらず、スペイン政府が憲法155条適用を継続することにEUが難色を示し、スペイン政府に投票結果を受け入れるよう説得する。スペインはEUがカタルーニャ独立を認めないことを条件に、カタルーニャに自治権を戻す。

一見、カタルーニャが10月1日の独立を問う住民投票前に戻るようだが、EUが一貫してカタルーニャ独立運動に対して冷淡であることに変化はないし、このシナリオが実現する可能性は低い。

3.市民が蜂起

カタルーニャは近年、統制の取れた非暴力の独立運動を続けてきただけに可能性は非常に低いが、いずれかの時点で、カタルーニャ市民が蜂起する。何らかの突発的な事故をきっかけに暴動が起き、EUが介入する。

スペイン政府がEUによって独立を問う住民投票実施に強制的に合意させられ、再度投票が行われる。

どちらも過半数を確保できない場合

自治権剥奪に反対だが独立派ではない「CeC(カタルーニャ・アン・コム・プデム党)」がカギを握ることになるが、独立派とも反独立派とも袂を分かつこの党が片方と連立を組むのは難しいと考えられ、明確な結果が出るまで選挙が繰り返されることが予想される。

その間は155条が適応され自治権は戻らず、選挙が繰り返されるごとに独立派にとっては不利な選挙となるだろう。

◇ ◇ ◇

要するに、どう転んでもスペイン政府に有利に進むことだけは確かだ。

スペインの闘牛(カタルーニャでは禁止されている)は、最後に必ず牛を殺す。暴れる牛を数人がかりでじわりじわりと槍や銛で弱らせたところで、主役の闘牛士マタドールが颯爽と登場する。既に血を流し、もうろうとしている牛の急所に、マタドールのとどめの剣が突き刺さる。決して、1対1の互角の勝負ではない。

スペイン政府は、弱りながらもいまだ息荒く立ち向かうカタルーニャに対峙している。勝負はほぼ決まっている――急所さえはずさなければ。

しかし、ごく稀に、急所を外したマタドールは牛の返り討ちに遭う。

【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
ウイークデーの朝にお届けします。
ご登録(無料)はこちらから=>>

プロフィール

森本 徹

米ミズーリ大学ジャーナリズムスクール在学中にケニアの日刊紙で写真家としてのキャリアを開始する。卒業後に西アフリカ、2004年にはバルセロナへ拠点を移し、国と民族のアイデンティティーをテーマに、フリーランスとして欧米や日本の媒体で活躍中。2011年に写真集『JAPAN/日本』を出版 。アカシギャラリー(フォトギャラリー&レストラン)を経営、Akashi Photos共同創設者。
ウェブサイト:http://www.torumorimoto.com/

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

南ア中銀、6年超ぶりの50bp利上げ インフレ対応

ビジネス

米マクドナルド、ロシア事業をフランチャイジーに売却

ビジネス

米中古住宅販売、4月は2.4%減 価格過去最高

ビジネス

FRB、米株市場を標的にしていない=カンザスシティ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:歴史で読み解くロシア超入門

2022年5月24日号(5/17発売)

ウクライナ侵攻で見せた不可解なほどの権威主義 政治・軍事・文化を貫くロシアの本質を歴史から理解する

人気ランキング

  • 1

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年代風」の髪型にイメチェン

  • 2

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 3

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 4

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を…

  • 5

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 6

    【映像】擬態したピューマと目が合ったハイカー、一…

  • 7

    動物園のアジアゾウ、溺れかけたアンテロープを救出…

  • 8

    100年ぶりの新しい細胞分裂様式「非合成分裂」は教科…

  • 9

    ロシア軍の最新戦車が破壊されたことが初めて確認さ…

  • 10

    BTSメンバーの「資産額」ランキング...1位のメンバー…

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 3

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプチューン」が戦局を変えた

  • 4

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もう…

  • 5

    「心の準備が...」BTSジョングク、襟足の長い「80年…

  • 6

    【閲覧注意】廃屋の壁一面にうごめく数千匹のサソリ 

  • 7

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

  • 8

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 9

    「ロゴさえあれば何でも買う」? 高級新作スニーカー…

  • 10

    『シン・ウルトラマン』を見て的中した不安

  • 1

    「責任者を出せ!」コールセンター・スタッフに詰め寄るクレーマーに上司が放った爽快なひと言とは

  • 2

    ウクライナのどさくさに紛れて「侵攻」を狙う、もうひとつの旧ソ連の国

  • 3

    【戦況マップ】ロシア軍は数日でこれだけ占領地域を失った

  • 4

    「どこなら女性は安全なのか」 インドで強姦被害の13…

  • 5

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 6

    子供を解放し、母親も解放する日本の街──アメリカか…

  • 7

    「性格と高齢期の認知障害には関連がある」との研究…

  • 8

    「ウクライナを守る盾」、ロシア艦を撃沈した「ネプ…

  • 9

    【動画】ロシア巡洋艦「モスクワ」の「最期」

  • 10

    ウクライナ軍が使い始めた米M777榴弾砲の威力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中