コラム

プロ投資家が斬る 村上尚己
プロ投資家が斬る 村上尚己

本格始動した岸田政権への不安

<2022年以降の経済政策策定の議論が官僚組織主導で進み、仮に2%インフレ実現と経済正常化による成長押し上げ政策に対する官邸のコミットが弱ま

2021.11.17
プロ投資家が斬る 村上尚己

岸田政権が長期政権になる為に必要なこと

<総選挙がきっかけで株高が起きるかどうかは、時の政権がどのような経済政策を行うかどうか次第だが...... > 10月31日に投開票される衆

2021.10.21
プロ投資家が斬る 村上尚己

自民党総裁選の行方:安易な増税で年金制度は揺らぐ

<自民党総裁選、候補者の討論を通じて、各人の経済政策に対する考え方が明らかになりつつある> 自民党総裁選挙は接戦となっている。河野氏は党員投

2021.09.22
プロ投資家が斬る 村上尚己

自民党総裁選挙を控え政治情勢は流動的に、一筋の光明も

<菅政権の支持率低下が続き、政局に対する不透明感は高まっているが、将来を期待できる動きが永田町でみられることは、日本株市場の一筋の光明と言え

2021.08.25
プロ投資家が斬る 村上尚己

コロナ後の世界経済:米中覇権争いの中での日本の存在感はどうなる?

<ワクチン戦略に成功して経済安定化政策を強める米国を中心とした先進諸国の優位が強まり、中国に対する経済的な封じ込めが強まった時、日本の存在感

2021.07.30
プロ投資家が斬る 村上尚己

日本は「緊縮策の病」を克服できるか

<米国では財政政策が経済復調を大きく後押ししているが、日本の状況はどうか...... > 6月24日米国では、バイデン大統領と約20名の超党

2021.07.01
プロ投資家が斬る 村上尚己

緊縮策という病から解き放たれつつある米国経済

<アメリカが緊縮的な経済政策を基本に据える政策思想から開放される、歴史的な転換点を迎えつつある> 米国の株式市場は、セルインメイ(SELL

2021.06.03
プロ投資家が斬る 村上尚己

コロナ克服と経済正常化──米国に大きく遅れる日本

<感染症を克服して経済正常化に至る局面に入りつつあるアメリカ、いっぽう日本での対応の遅れや不手際が顕著となっている...... > 3月25

2021.04.21
プロ投資家が斬る 村上尚己

「アメリカンレスキュープラン」成立、財政政策の判断基準が大きく変わりつつある

<総額約1.9兆ドル(GDP比9%)の経済対策「アメリカンレスキュープラン」成立。大規模な財政政策に対する考え方が変わってきている.....

2021.03.25
プロ投資家が斬る 村上尚己

コロナ対策で戦時に匹敵する財政政策を発動する米国、しかし日本は......

<米国における、戦時対応に匹敵する大規模な財政政策発動によって、2021年以降米国経済の成長率は加速する可能性が高い。しかし、日本の財政政策

2021.02.25

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中