コラム

塗り替わる世界秩序 六辻彰二
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

2022W杯カタール招致をめぐる情報戦──暗躍するスパイ企業とは

・来年開催予定のW杯カタール大会の開催地決定のプロセスで、対立候補の動向を知るため、カタールがスパイ活動をしていたと報じられた。 ・それに

2021.11.25
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

EVは地球に優しくても人間に優しくない一面をもつ──コバルト生産の闇

・電気自動車が普及するにつれ、リチウムイオン電池の原料であるコバルトへの関心が高まっている。 ・しかし、世界一の産出国であるコンゴ民主共和

2021.11.24
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

バイデン政権が目指すアフリカの「失地回復」──アキレス腱は「人権」

・アメリカは中国包囲網の形成を念頭に、アフリカでの「失地回復」に本腰を入れている。 ・その方針は「人権や民主主義が定着している国に優先的に

2021.11.18
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

クライストチャーチ51人殺害犯の主張に見る「つけ込まれた陰謀論者」の悲哀

・NZクライストチャーチ銃撃テロで終身刑が科されたブレントン・タラントは「裁判で自分の権利が侵害された」と主張している。 ・その最大の論点

2021.11.12
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

「アフリカの星」はなぜ凋落したか──エチオピア内戦と中国の影

・アフリカにおける「成長モデル」とみなされてきたエチオピアでは、内戦の激化で経済に急ブレーキがかかっている。 ・内戦の激化によって、政府側

2021.11.05
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

コロナワクチン「特許放棄」の現実味──突き上げる途上国、沈黙する先進国

・G20首脳会合で企業課税の引き上げが合意されたことは、多くの国で利害が一致した結果である。 ・これに対して、利害が一致せず、総論にとどま

2021.11.02
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

キリスト教会放火、牧師殺害──民間人を標的にするミャンマー軍の「四断戦術」とは

・ミャンマーでは少数民族カチンが多い地域で、兵士によるキリスト教会への放火や聖職者の殺害が頻発している。 ・これはカチン人の武装勢力を孤立

2021.10.25
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

スポーツ界に迫るタリバンの影──アフガン女子アスリートの相次ぐ国外退避

・タリバン復権後のアフガニスタンからは、女子アスリートが相次いで国外に退避している。 ・彼女たちの多くは殺害予告などを受けている。 ・ただ

2021.10.18
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

「フランス軍がテロリストを訓練している」──捨てられた国の陰謀論

・西アフリカのマリ政府は「フランス軍がアルカイダ系組織を訓練している」という陰謀論を展開している。 ・そこには家父長的なフランスに対する不

2021.10.14
塗り替わる世界秩序 六辻彰二

オーストラリアの反ワクチンデモが日本に無関係ではない理由──社会に溶け込む極右の危険性

・オーストラリアではコロナワクチン接種の強制に反対するデモがしばしば暴徒化しており、その影には極右の扇動がある。 ・しかし、それは多くのデ

2021.10.11

MAGAZINE

特集:文化大革命2.0

2021年12月 7日号(11/30発売)

習近平が主導する21世紀の共産主義回帰運動 思想統制を強め孤立主義に走る、その真意はどこに?

人気ランキング

  • 1

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合格を果たした、たった一つの理由

  • 2

    大暴落の足音

  • 3

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてなお泳ぎ続ける:動画

  • 4

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「…

  • 5

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 6

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    茂みから出てきた野生ゾウがサファリカーを襲う瞬間

  • 9

    ビートルズ最高の作詞家がジョンではなく、ポールで…

  • 10

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 1

    【動画】リビングの壁を這う「猫サイズ」のクモ

  • 2

    一番人懐こいネコの品種は?甘え過ぎへの対処法は?

  • 3

    子供が欲しかった僕は、女友達と恋愛抜きで子供の「両親」になった

  • 4

    「脳まで筋肉の柔道選手」と中傷された彼女が医学部合…

  • 5

    最初から「失敗」が決まっていたクロエ・ジャオ監督…

  • 6

    大暴落の足音

  • 7

    「米化」でブレイク オートミールにハマった人たちに…

  • 8

    半身を失った「ゾンビザメ」、10匹に共食いされてな…

  • 9

    「可愛すぎて死にそう」ウサギを真似してぴょんぴょ…

  • 10

    親の「赤ちゃん言葉」は幼児期の言語習得に影響する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中